スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 カナダ旅行 その11

s-IMG_2193.jpg
バンクーバー国際空港に来ました。

s-IMG_2194.jpg
今回ご一緒した方はみなさん、すごく旅慣れた方たちで、誰~れも空港の写真など撮りません。
私はどうしても撮っておきたくて、立ち止まって撮っていたら、どんどん置いて行かれた~(笑)

s-IMG_9283.jpg
旦那さんにも置いていかれた~(笑)

まずは、チェックインです。
s-IMG_2196.jpg


s-IMG_2197.jpg
エアカナダの係の人はとても親切でフレンドリー。
荷物を秤になっているコンベアに乗せて、重さを量っていきます。
国際線のエコノミーはスーツケース1コが23キロまで。
たくさんお土産を買ったので、大丈夫かなと思ったら。
1コは16キロ。もう1コは21キロで余裕でした♪

s-IMG_2202.jpg

もうしばらく見おさめだなーってキョロキョロしていたら。
「Wooow!!」と大きな声で見ると、間違って係の人がコンベアに自分も乗っているときに、GOのスイッチを触ってしまって焦っていたのでした(笑)
「危なく私も荷物になって飛行機に乗るところだったわ~。アハハ!とても焦ったわ~!」というような会話があって、ハプニングもとても微笑ましくて。
私の順が来て、航空券のeチケットとパスポートを渡して、発券してもらい、「サヨナラ!」と^^

その後、まだ搭乗まで時間が十分にあった(国際線のチェックインは通常 2時間前が鉄則です)ので、セキュリティチェック前のエリアの散策♪
添乗員さんが気を遣ってくださって、「バンクーバー国際空港にはシャチがいます!」とのことで、シャチウォッチングに。

s-IMG_2201.jpg
どうですか?この微妙な表情のシャチはっっ(笑)

前日に、添乗員さんにネイティブアートが欲しいと伝えてあったので、ネイティブアートのショップにも寄りました。
s-IMG_2595.jpg
この小さいトーテムポールのオブジェに一目ぼれ。
上がオルカ(シャチ)で、下がレイブン(ワタリガラス)なんです(*´∇`*)
もう一つはオルカのワインキャップ


s-DPP_28981.jpg
ネイティブアートのショップのすぐ横には、こんな大きなオブジェがあります。
カナダの先住民 クイーンシャーロット島に住むハイダ族出身のBill Reid(ビル・リード)の作品です。

s-DPP_28979.jpg
『The Spirit of Haida Gwaii 』を少しアップで。
13コのモチーフが翡翠色のカヌーに乗っています。
この像はカナダの20ドル紙幣にもプリントされています。

北海道のアイヌの人がシャチのことを『沖の神』と敬ったように、ハイダ族もまた、シャチを亡くなった人の化身としてとても敬ってきました。

ビル・リードの作品でもう一つどうしても見たかったバンクーバー水族館の入り口にあるシャチのオブジェ『
Chief of the Undersea World』は、今回は見ることは叶いませんでした。
次回こそ!


さて、いよいよセキュリティチェックです。
今回はポッケに携帯を入れっぱなしにしてゲートをくぐらないよに注意して・・・
検査官にパスポートと航空券を渡して、手荷物をトレーに手早く乗せて行きます。
靴を脱いでいる人もいましたが、私も旦那さんも大丈夫でした♪

すんなりパスして。
免税店エリアに。

お土産にスモークサーモンや、アイスワインや、キャンディを買いました。

このエリアにもたくさんのオブジェが。
s-IMG_2205.jpg
これはレイブンかな?

s-IMG_2206.jpg
ファーストネイションの女性とサーモン。

こういう一つ一つが、本当に素敵です。
ベンチに腰掛けて見ていたら、帰りたくない気持ちになってきます。

s-IMG_2211.jpg

私のスーツケースも積みこまれているかな。
帰りたくないと言っても、やはり帰らないとダメなわけで・・・

s-IMG_2209.jpg

搭乗となりました。
私の前にはドイツ系のカップルが。

s-DPP_28985.jpg
『Tokyo』や、『Atami』などのガイドブックで色々調べていました。
そっか~、私は帰るけど、これから日本に行くのが楽しみな人もいるんだものね。

s-DPP_28984.jpg
バンクーバーアイランドの、ちょうどナナイモあたり。
あまりに美しくて・・・また涙目・・・(´;ェ;`)

s-DPP_28987.jpg
綺麗・・・(´;ェ;`)

s-DPP_28991.jpg
ちょうどテレグラフコーヴの上空かな。
今すぐ飛び降りたいのに・・・(´;ェ;`)

アンカレッジを過ぎたころ、機内食が出ます。
s-IMG_2215.jpg
私は相変わらずチキン。
パンがとても美味しくて。
ギュッと噛みしめるタイプのパンですが、私の好みだったので旦那さんに分まで奪い取りました♪
デザートがすごーく甘かったので、食べられなかった・・・。

s-IMG_2266.jpg
旦那さんはビーフ。

s-IMG_2220.jpg
あーーー・・・どんどん日本に向かってるー。(当たり前)

この日のフライトは席に余裕があったので、飛行機のドアが閉まって誰ももう乗りこんで来ないことを確認して、旦那さんは真ん中の4人並びのシートに移りました。
私はもとのシートと、旦那さんの席だったところ2つを使って足を少し伸ばしたりしました。
エコノミーの席は本当に狭いので、少し足を伸ばせるだけでも全然違います!
旦那さんは4つを使ってごろ寝してた(笑)

s-IMG_2217.jpg
択捉島沖あたりまで来ました^^
日本到着2時間くらい前にはまた食事が配られます。
s-IMG_2219.jpg
いつもはすごい食欲ですが、何だか胸がいっぱいで、全部食べられなかった・・・
キャビンアテンダントさんに「残しちゃった、ごめん」って言ったら、「問題ないよ。カートがいっぱい!また戻って来るわ」って。

旦那さんはペンネ。
s-IMG_2267.jpg

エアカナダのCAさんは、素っ気ないとか、サービスが悪いなんて書いてあるサイトも見かけましたが、私にはちょうどよいサービスで、とてもよかったです。
その後の成田-新千歳までのフライトの方が、あまりにも丁寧で恐縮しちゃったくらいにして・・・。
エアカナダだけじゃなくて、カナダのお店やカフェやレストランも、店員さん同士がみな楽しそうにおしゃべりしています。
そんな中に、会計するべく「Hi!」って挨拶したら、「Hi! How are you today?」などと話しかけられます。
お客様は神様じゃなくて、店員さんもお客さんもみんな一人の人。
こういう文化って、いいな。

s-IMG_2221.jpg
とうとう、日本に戻ってきてもぉたあ~!(つд⊂)

s-IMG_2222.jpg
「おかえりなさい」 ただいまぁああo(;△;)o ←往生際が悪い

s-IMG_2223.jpg
スーツケースを受け取り、ツアーはここで解散。
本当に今回、㈱ismさんにはお世話になりました。
たくさん魅力的なツアーをしていますので、みなさんもぜひismさんをご利用ください。
初めの相談のメールから親切で、とても素早く答えてくださり、本当にお世話になれてよかったし、楽しかったです。


私たちはこれから新千歳空港に向けてフライトがあります。
もうひと踏ん張り!
まずは国内線チェックイン。
もう今回の旅行で5便も飛行機に乗って、これで6便目。

s-IMG_2224.jpg
慣れたようなふりをして並びます~。
重いスーツケースを預けて、手荷物のカメラやレンズ(13キロくらいあった!)をコインロッカーに預けて。
フライトは20時なので、ターミナルで遊びます。
機内食は残してしまったけど、何か食べたくなって、お蕎麦に。
やっぱり胸いっぱいでたくさん食べられなかったけど・・・「日本だな~」って実感しました^^

帰りの新千歳着の便は搭乗してからすごく待たされて、大幅に遅れました。
疲れた体には非常に辛かった><

s-IMG_2234.jpg
やっと北海道に到着ーーー!!

私たちはここ新千歳空港からさらに3時間半かけて十勝へと帰ります。
高速道路が途中 工事で通行止めだったり、旦那さんが疲れて運転が辛かったりしましたが、無事に帰宅出来ました。


もっといっぱいいっぱい写真を撮ろうと思ったのですが、何故か全然撮っていませんでした。
でも、こうやって振り返ってもすぐにパッと思い出せるくらい、たくさんの素敵な風景、素敵なもの、素敵な人たち、素敵な動物を見てきました。

本当に本当に楽しかった!!!
「わざわざカナダまで行って、結局シャチに会えなかったじゃない」って、それは事実ですが、皮肉めいたことを言われたりもしました。
会えなかったのは私やツアーの人たちに運がなかったんだと思います。
でも、それが自然^^
悲しい気持ちはありますが、そういうのが我慢出来ないのなら、サンディエゴのシーワールドや、鴨川シーワールドに行けばいいんだもんね。
(*´∇`*)b


約1週間の休みをくれた社長と社長夫人、居ない間の仕事をちゃんとしていてくれた会社の人たち。
旦那さんの職場の方たち。
祖母や父や母。
お餞別をくれたお友達。
家族であるウサギのモカさんを快く面倒見てくれた義父と義母。
メッセージやメールで色々教えてくれたお友達。
バンクーバーのyokoさん。
資料を送ってくださった、まともさん。

成田まで見送りに来てくれた じょーさん、Yちゃん、saiさん。
saiさんにはスーツケースまでお借りしました。

みなさんの協力があって、私たちは楽しく旅行に行けました。
ありがとうございました。


またきっと、出来たら2年後、カナダを訪れたいと思います。
それまでまた色々頑張るぞっ!

長々とカナダ旅行の日記をみてくださり、ありがとうございました。

*会えた動物リスト*

Humpback whale ザトウクジラ
Dall's porpoise  イシイルカ

Harbor seals ゼニガタアザラシ
American mink  ミンク
North American River Otter カワウソ
Douglas squirrel ダグラスリス
Western Gray Squirrel セイブハイイロリス
Deer シカ

 ---------------

Bald Eagle  ハクトウワシ
Red-Taild Hawk アカオノスリ

Harlequin Duck シノリガモ
Common Merganser カワアイサ
Red-Breasted Merganser ウミアイサ

Black Oystercatcher クロミヤコドリ
Red-Necked Phalarope アカエリヒレアシシギ
Common Murre ウミガラス
Pigeon Guillemot ウミバト
Marbled Murrelet マダラウミスズメ
Cassin's Auklet アメリカウミスズメ
Rhinoceros Auklet ウトウ
Northern Fulmar  フルマカモメ
Black-Legged Kittiwake ミツユビカモメ
Herring Gull セグロカモメ
Thayer's Gull カナダカモメ
Brandt's Cormorant ヒメウ


Belted Kingfisher アメリカヤマセミ
Violet-Green Swallow スミレ-ミドリツバメ
Tree Swallow ミドリツバメ
Barn Swallow ツバメ


Band-Tailed Pigeon オビオバト
American Robin コマツグミ
Song Sparrow ウタスズメ
Hermit Thrush チャイロコツグミ
Varied Thrush ムナオビツグミ
Swainson's Thrush シロハラツグミ
Rufous Hummingbird アカフトオハチドリ
Northwestern Crow ヒメコバシカラス
Chestnut-Backed Chickadee クリイロコガラ
Winter Wren ミソサザイ
Golden-Crowned Kinglet アメリカキクイタダキ
Chdar Waxwing ヒメレンジャク
Yellow-Rumped Warbeler キヅタアメリカムシクイ
Hammond's Flycatcher 日本名不明(ヒタキ類)
Red-Winged Blackbird ハゴロモカラス
House Finch メキシコマシコ
House Sparrow イエスズメ

Gadwall オカヨシガモ
Wood Duck アメリカオシ
Mute Swan コブハクチョウ
Canada Goose カナダガン
Great Blue Heron アオサギ

この記事へのコメント

- やまむら - 2013年08月31日 02:20:04

カナダ旅行日記、楽しく読ませて頂きましたよ^^
自分にとっては新鮮なだけでなく懐かしいところもあり
カナダに住んでいた時の事を思い出しました。
自分もまたいつか遊びに行きたいですね~

- なおなお - 2013年08月31日 09:33:36

やまむらさんへ★
ありがとうございます^^
1か月以上も掛ってしまいましたが、やっと終わらせられました。
懐かしく感じていただけてよかったです(*´∇`*)
またぜひカナダにいってらしてください^^
いらっしゃったときとまた違った風景もあるかなと思います。
こんな素敵なところに1年もいらっしゃったなんて羨ましいです^^

- じょー - 2013年08月31日 19:17:36

本当に素晴らしい旅だったね!
細かい写真に解説を付けてくれて、とてもわかりやすく、疑似カナダ旅行を体験させてもらえました。
心からありがとう!

- まとも - 2013年08月31日 20:34:39

いやー・・ホントに・・質・量ともに・・すごいレポートですねー^^。
これよんで自分もカナダ行きたいっ!て思った人多いんじゃないでしょうか?それになにより・・自分が次に行くときの参考になりますね。

私も何回か海外行ってますが・・なおなおさんのブログ見て・・もっと下調べしたり、英語勉強して^^行けばよかったと反省しきり。野生以外の写真も撮っておけば・・・と後悔ばかり^^。

現地の数日間でいい野生写真というのは・・きついですよねー。多額の経費かけて「撮りたい動物」「撮りたいシーン」がダメなこと多いです^^。だけどそれ以上に・・思いがけない出会いとか、いろんな発見あって・・・「行ってよかった!」と・・いつも思います。
シャチ自体の写真は・・たぶん羅臼のほうがたくさん撮れるので^^・・現地では生息環境やいろんな状況チェックのほうが大事だと思います。
その意味で、今回は大成功でしたね^^。お疲れ様でしたー。
次回(2年後?)のレポート・・愉しみです^^。よろしくー。

- ターヤン - 2013年08月31日 22:56:11

カナダ旅行記、たのしく読ませていただきました。
「続・カナダ旅行1~」または「追想録1~」も楽しみにしてま~す。
アイヌ民族を含め北方民族の自然観は素晴らしいですよね。

コルク栓と似たステッカーが私の車のリアに張ってます(反対側はワタリガラス)

- charmy - 2013年09月01日 06:54:46

>>どうですか?この微妙な表情のシャチはっっ

なにこのぐったり感www

楽しい旅になりましたね!写真からも楽しさが伝わってきましたよ!

カナダ長編、お疲れ様でしたー♪ - 隊長 - 2013年09月01日 18:38:16

なおなおさん、カナダ旅行編、お疲れ様でしたぁー。

いやぁー、すごい長編でしたねー。
でも、それだけ中身の濃い旅行だったということが分かりました。
カナダは自然が豊かに残っている国なのだろうな。
なーんて、頭では分かっているつもりでしたが、長編レポを見ると知らないことばかり。
町並みはお洒落だし、風景もメッチャ綺麗ですね。
なにより、写真で見ても風景の広がり感が凄そうでしたぁー。

あと、北海道との共通部分はありませんでしたか?
例えば森の様子とか、海の感じとか。
日本の中でも北海道は自然が残っている地域で、高緯度なので、共通する部分が無かったのかな? とも思いながら見ていました。
もっとこうするとカナダのような○○になるのになー。っていうところ、きっと有ったと思います。
きっとなおなおさんは、色々と思うところがあるのだと推察しておりまーす。
アハハッ。私の勝手な想像です!
(^o^)

- しゃちこ - 2013年09月01日 21:33:58

こんばんは。

ついに帰国(ブログ)しちゃいましたねぇ…。シャチ好きとしては目がハートv-344になってしまう内容ばかりでとても楽しく読ませて頂きましたv-398

実は短期間ですがバンクーバーに住んでいたことがありまして、とても懐かしい部分もあり、また行きたくなりましたv-352

- なおなお - 2013年09月02日 09:53:17

じょーさんへ★
ありがとうございます。
疑似カナダ旅行!そう言っていただけると嬉しいです。
お見送りに来てくださって、本当に嬉しかったです。
プレゼントもとても嬉しかったです。
ずっと大事に使います^^

- なおなお - 2013年09月02日 10:06:29

まともさんへ★
ありがとうございます^^
まともさんが送ってくださった資料の中にあった、GIKUMI号・・・テレグラフコーヴに停泊していました^^
あー♪GIKUMIだー♪って嬉しくなりました^^

私のブログを見て「カナダに行きたい!」と思ってくださった人がいるならば、とっても嬉しいです。
今回の旅行はとても私自身楽しかったですし、また行きたいと思うものでした。
ずっと何年も前からジョンストン海峡のシャチたちのことを調べていて、テレグラフコーヴに行きたいと思って調べたのですが、あまり有意義な新しい情報を載せているサイトがなかったり、シーカヤックやフィッシングの記事が多かったのです。
ですので、私のブログがこれからジョンストン海峡のシャチたちに会いに行きたいと思う方の参考になればと思います。

シャチの写真は羅臼でもたくさん撮れていますが、針葉樹バックのシャチの写真がいつか撮りたいな~と思っています。
今回はとても残念ですけれど、きっとまた来なさいってことだったのかな~って前向きに考えることにしました。
あちらに滞在している間も鳥さんを見たり、海を見たり、空を見たりしました。
その甲斐あって、たくさんの動物や鳥さんにも会えました^^
やはり色々なことに興味を持っていると、結果が違いますし思い出もたくさん増えると思いました。
散策していなかったら、ミンクにもカワウソにも会えませんでした♪
また行けるように、頑張ります^^
ありがとうございます♪

- なおなお - 2013年09月02日 10:11:49

ターヤンさんへ★
ありがとうございます^^
(あ、実家にもまた行ってくださったそうですね。重ねてありがとうございます^^)

自然の写真を撮るようになって、アイヌ民族の考え方や、北方のファーストネイションの考え方が素晴らしいなぁと思うようになりました。
自然とともに生きて、自然を敬って、自然に還る・・・
現代人にはなかなか難しいですが、自然を大切にして、敬うことは私たちでも出来ることです。
いつかカナダのカウチンベイやナナイモにも行ってみたいと思っています^^

そうだ♪ ターヤンさんの車に何か貼ってあったな~と思っていました。
今度ちゃんと見せていただこう♪

- なおなお - 2013年09月02日 10:13:29

charmyさんへ★
この表情、なんともすごいでしょう?
「あー。またツーリスト来た~。ダリ~。」って感じかな?
ちゃさん的な?w

憧れ続けたカナダは、本当に素晴らしかったです^^
本当に楽しかった!!

- なおなお - 2013年09月02日 10:26:04

隊長さんへ★
読んでくださり、ありがとうございましたー(*´∇`*)

カナダは自然豊かでとても美しい国でした。
でも、私の訪れたバンクーバーアイランドの北部でも森林伐採が行われていて、山肌に樹がない場所もありましたし、たくさんの木材が湾に浮かんで出荷を待っている状況も見ました。
自然豊かな面だけではなくて、やはり世界はどこも同じなのかな~と思いました。

カナダは北海道ととても似ていたように感じます。
バンクーバー市内は、碁盤の目になっていて緑豊かなところは何となく札幌に似て居ましたし、湿度が少なくカラッとしているのも北海道に似て居ました。
針葉樹がたくさんで、海の色がプランクトン豊富な緑色っぽいのも北海道に似て居ました。
そして海で見られるシャチ、イシイルカ、(今回は見られなかったけど)カマイルカ、そしてゼニガタアザラシ、ザトウクジラは、北海道でも会える動物たちなのです^^
なので、違和感なく過ごせましたし、親近感を持って過ごせました。
私の出身地の帯広には、『アルバーター通り』という道があって、そこにはトーテムポールが建っているんです^^
中学生のころ、「アルバーター通りとはなんじゃ?」と習いました^^
北海道はロッキーマウンテンなど自然豊かなアルバーター州の姉妹提携がありますよね。そんなところも親近感を持てるところだと思います~♪

(*^▽^*)

- なおなお - 2013年09月02日 10:29:44

しゃちこさんへ★
こんにちは^^
コメントをありがとうございます♪
ついに(やっと?)帰国しました。
今回は円安情勢もあって、ツアー日程が少なかったこともあり、あっという間に帰ってきてしまいました。
もう2、3日居たかったです・・・。

しゃちこさんはバンクーバーに住んでいらっしゃったのですか?
わー(*´∇`*)
いいなぁ♪
バンクーバーはとても過ごしやすい街のように思いました。いつか私も住んでみたいです。

管理人のみ閲覧できます - - 2013年09月02日 16:18:30

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- なおなお - 2013年09月03日 09:06:03

鍵コメントさんへ★
よかった^^
同じように思っていたのですね!
何かあったとき対応出来るスキルと経験をお持ちなのかなと・・・。
何もないならいいのですが^^
ありがとうございます♪

*こんな人*

なおなお

Author:なおなお
ナキウサギや高山植物に会いに大雪山へ。
シャチやクジラたちに会いに海へ。
エゾモモンガや鳥たちに会いに森へ。
休日は大好きなもの達をいつも追いかけています。

コメントはどうぞお気軽に♪
コメントくださるととても励みになります♪

***********************

大切に撮った写真たちです。
当ブログに掲載されている写真・画像・イラストの無断複写、転用等の利用・使用はしないでください。

使用許可やご意見・ご要望は、下記メール

naonao.kisskiss@gmail.com

にご連絡ください。

***********************

*こよみ*
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*最新記事*
*コメントありがとう*
*リンクありがとう*
*記事の種類*
*使用機材別*
*月別記事一覧*
*お問い合わせ*

名前:
メール:
件名:
本文:

*記事内検索*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。