スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 カナダ旅行 その5

今日は私がシャチを好きになったきっかけと、カナダ旅行に行きたいと思った理由についてお話させてください^^

むかぁし昔。
たぶん、小学生くらいの頃にテレビである映画を見ました。
その映画は『南極物語』。
その内容は、南極探検隊の方達が連れていった樺太犬たちの物語というのはご存じの方もたくさんいらっしゃるでしょうか。
その映画の中で、とても印象的だったのは、主人公のタロとジロたちを氷の割れ目から飛び出してきて襲う黒と白の大きな生き物、シャチだったのです。

それから何年もして。
ずっと大好きな動物 シャチについて知りたいと思うようになりました。

はじめはインターネットが身近にない時代だったので、図書館で調べました。
詳しい記述は見つけられませんでしたが、『Orca Lab』という観察研究施設を知りました。

またそれから何年も経ったのち、いろいろな本やインターネットでオルカラボの活動やカナダのジョンストン海峡のシャチのことを知りました。
s-IMG_9588.jpg

いつかここに行ってみたい!と思っていた夢が、やっと叶いました。


前回記事でもご紹介した『オルカラボ』は、海峡のいろいろな場所にハイドロフォンを設置して、水中のシャチの声を聞き、どの個体の声か、どの家族か。その家族の数はどれくらいかや、独特のイントネーション(シャチにも家族や親戚ごとに方言のようなものがあるそうです)でどの群れと血縁関係があるかなど・・・
音声によって分類や研究を行っている施設です。

HImap1.jpg
 (オルカラボ サポート ソサエティより借りました)

オルカラボの場所は、訪れたTelegraph coveの向かいの島の裏側にあります。
オルカラボの前の海峡は『Blackfish sound』と呼ばれています。
Blackfishとはシャチのことで、先住民やこの土地の漁師さんたちが黒い魚のように見えたシャチのことをそう呼んだことに由来します。


hrdrophone1.jpg
ハイドロフォンは様々な場所にありました。

s-DPP_29912.jpg
これはオルカラボのすぐ近く、LLのハイドロフォン。
△マークのところにソーラーパネルを電源にしてハイドロフォンがあります。

s-DPP_29919.jpg
少し回り込んでみると、このように近くをシャチやザトウクジラが通ったときに、音が拾いやすい場所に設置されていることが解ります。


s-DPP_29998.jpg
これは、真ん中でザトウクジラが浮上しているすぐ右側に。場所はF1です。


s-DPP_30161.jpg
こちらはCPのすぐ近く。この島の先端にハイドロフォンがありました。


s-DPP_29910.jpg
この目の前を悠々と泳ぐシャチが見たかったな・・・。

s-DPP_33347.jpg
 (旦那さんの100-400で)

ザトウクジラにたくさん会えたこの日も、ボランティアのスタッフが観察していました。

オルカラボの壁には『Welcome Springer』の看板も♪
スプリンガーのコトは、オルカラボの日本人ベテランボランティアスタッフの方の日記『ハンソン島日記 -スプリンガー-』に詳しいので、興味をもたれましたらぜひ読んでください^^


今回の私の旅は、シャチには会えませんでしたが、憧れのジョンストン海峡で船に乗り、オルカラボを眺め、シャチたちの生活や息吹を感じられた素晴らしいものでした。

でも 出来るならば、次に行ったときにはシャチに会えますように。

この記事へのコメント

- じょー - 2013年07月26日 00:23:51

そんなに長い時間をかけて、この旅が実現したんだ!

なおなおちゃんの感動が伝わるのは、思いがとても強いからなんだね。

次に行くときには、きっとシャチに逢えるさ!!!

- charmy - 2013年07月26日 05:42:41

なるほど。あの映画から興味をもったんですね

- やまむら - 2013年07月26日 08:26:36

バンクーバーには留学で行っていたので、近くにこんなところがあることすら知りませんでした^^;
いずれバンクーバー近郊の自然を満喫しに行ってみたいですね~

- まとも - 2013年07月26日 09:57:38

「ぱちり」読者の友人(野鳥写真がメイン)に・・「なんでシャチとか海の記事多いんだろ?」と聞かれたことありますが^^(ホントです!)・・
内陸に住んでて・・羅臼とか海に行くこと多いので、そう思ったんでしょーね^^。
で・・・今回の記事で・・私も納得しましたー^^。

それにしても・・・シャチってホント頭が良くて、人間的?で・・魅力的な動物ですね。
我が噴火湾にもスプリンガーとか・・来てくれんかなー^^。

- なおなお - 2013年07月26日 11:39:58

じょーさんへ★
金銭的な問題や、休みのことなど色々考えて具体的に行きたいと思ったのが一昨年で、旅行会社さんに相談させていただいたのが昨年の9月だったのです^^
そこから私のカナダ旅行は始まりました♪
また必ず 月日は掛っても行きたい場所なので、次に行けたら会えるといいなと思います。

いつもありがとうございますー(*´∇`*)ノ

- なおなお - 2013年07月26日 11:41:01

charmyさんへ★
よく 映画『フリーウィリー』の影響ですか?って言われるのですが、実は『南極物語』で悪者役のシャチでした^^

- なおなお - 2013年07月26日 11:43:43

やまむらさんへ★
留学されていたのですね^^
カナダは色々なところの人が住んでいて、人種のモザイク♪
とても羨ましいです♪
英語もご堪能だと思いますので、またいずれ大自然を満喫に行ってらしたらと思います^^
ウィスラーやバンフも行ってみたいなー^^

でもやっぱり 私はクジラたちに会える沿岸の街に魅力を感じてしまうので、今度行けてもまた海に漂いますー^^
ナナイモやトフィーノにも行きたい♪

- なおなお - 2013年07月26日 11:52:38

まともさんへ★
ありがとうございます^^
まともさんのお友達に私のブログを見てくださっている方がいらっしゃるのですねー♪
嬉しいです♪

いつも見てくださる方に申し訳ないな・・・と思うのは、ご紹介するものがいっつもいっつも偏っていることなのです><

シャチはずっと好きな生き物で、北海道で会えるのに行かないなんて!!と言う気持ちで通っています^^
華奈江社長、長谷川船長、エリカちゃんの人柄にも魅かれておりますし、北海道とは思えない・・・日本とは思えない豊な海もとても好きです^^

でも今週辺りから、また山に通うことになります♪
ナキちゃんや高山植物に会えるのがとても楽しみですし、鳥たちも♪

野鳥好きの方には物足りない写真ばかりですし、技術もひどいものですが、多くの方に 北海道の素晴らしさ、命の大切さを伝えられたらいいなぁなんて、気持ちだけは偉そうなことを思っています^^
シャチに関しても、世の中の多くの方は「可愛いイルカを食べるなんてけしからん!」とか、「賢いクジラを食べるなんて獰猛!」と思っていらっしゃると思います。
でもお魚しか食べなくて、ミンククジラやイシイルカと一緒に泳いだりする群れが居たり、船に興味を持って人間を観察する群れが居たりなど、本当に賢くて力強い生き物だということを訪問してくださる人に少しでも知っていただきたいな~って思います^^

*こんな人*

なおなお

Author:なおなお
ナキウサギや高山植物に会いに大雪山へ。
シャチやクジラたちに会いに海へ。
エゾモモンガや鳥たちに会いに森へ。
休日は大好きなもの達をいつも追いかけています。

コメントはどうぞお気軽に♪
コメントくださるととても励みになります♪

***********************

大切に撮った写真たちです。
当ブログに掲載されている写真・画像・イラストの無断複写、転用等の利用・使用はしないでください。

使用許可やご意見・ご要望は、下記メール

naonao.kisskiss@gmail.com

にご連絡ください。

***********************

*こよみ*
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*最新記事*
*コメントありがとう*
*リンクありがとう*
*記事の種類*
*使用機材別*
*月別記事一覧*
*お問い合わせ*

名前:
メール:
件名:
本文:

*記事内検索*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。