スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 カナダ旅行 その6

7月5日。
s-DPP_29447.jpg
キャビンのドアを開けたら、こんな林が広がっています^^
湾全体がリゾートになっていて、すぐ前はマリーナ。
でもその周りは森なのです。

s-DPP_29453.jpg
リゾートの木道から見た私たちのキャビン(緑色の建物^^)
とっても自然豊かでしょう♪
朝は港町とあって、少し肌寒いくらい。
虫も少なくてとても快適でした。


朝食はこの日もリゾート内の Seahorse Cafe♪
 (写真は夕方撮りました)

s-IMG_3791_20130731220442f8c.jpg

隣にはギャラリーがあり、ガラス細工を売っていました。
s-IMG_2095_20130731220358c8d.jpg
 (iPhoneで)
一目惚れ\(^▽^)/


この日の朝食は、
s-IMG_2118_201307312204437a1.jpg
ハムとチーズのパンケーキ。

s-IMG_2116_20130731220444a0e.jpg
旦那さんは、ハムとチーズのブリトー^^

s-DPP_29454_20130731220356542.jpg
メニューがいっぱいで、迷っちゃいました♪


s-DPP_29459.jpg
Telegraph coveの建物は高床式になっていて、桟橋も太い木の杭に通してあるだけ。
水位が上がったら桟橋自体が浮くようになっています。
満潮はコケのあるあたりまで水が来るそうです。
よく考えられているなぁ・・・。
自然と共に生きている感じが、とても心地よい街でした。

s-DPP_28845_2013073122040277a.jpg
さ♪ 今日も一日ホエールウォッチングです♪

s-DPP_28846_20130731220401933.jpg
ここジョンストン海峡には、ロブソン湾生態保護区というシャチの保護区があります。
保護区の中はウォッチング船は入らずシャチを追いかけず、シャチの生活を守っているのです。
ここVancouver Islandの北側は、北のレジデントと呼ばれる定住性のシャチと、トランジェントと呼ばれる移動性のシャチが住んでいます。
北のレジデントは2002年の調査で200頭と少し。

そして、南のレジデントと呼ばれる個体群は同じく2002年の調査で84頭。
南のレジデントは、北のレジデントとは全く交わらない生活をし、バンクーバーやシアトル、ビクトリアなど、Vancouver Islandの南側に住んでいます。

s-DPP_28849_201307312204035a0.jpg
LUKWAに乗ってしゅっぱーつヽ(=´▽`=)ノ


s-DPP_29469.jpg
出航してすぐ。(奥に見える赤い建物達はTelegraph coveです)
Harbor Seal(ゼニガタアザラシ)の親子に会いました!!

ゆっく~りエンジンを切って漂うと・・・
s-DPP_33033.jpg
おかあさんのお腹をつんつん!

s-DPP_33041.jpg
おかあさんが体勢を変えて、ミルクを与えていましたー♪

s-DPP_33070.jpg
こちらのすっかり体が乾いている親子はずっと寝てた^^

s-DPP_33392.jpg
アザラシたちを観察していたら。
Pigeon Guillemot!(ウミバト)が飛んで行った♪

s-DPP_33379.jpg
イシイルカがチラ見して。

s-DPP_33393.jpg
だいぶ遠かったけど(岩の下段にいるのですが解りますか?)
日本でも見られるHarlequin duck (シノリガモ)♪

出航時は少し曇っていたのですが、見る間に晴れてきた♪

そして会いたかった鳥さんの一つ♪
s-クロミヤコドリ
Black Oystercatcher\(^▽^)/ クロミヤコドリに会えたーーーーー♪
ばんざーいヽ(゜▽゜*)乂(*゜▽゜)ノ


この日もたくさんのザトウクジラに会えました♪
s-DPP_33095.jpg
釣り船のすぐ横!

s-DPP_33148.jpg
針葉樹をバックに潜っていくザトウクジラ。

s-DPP_33168.jpg
近くでも♪

s-DPP_33361.jpg
樹にはハクトウワシがたくさん。
あちらでも、こちらでも♪というような感じで、たくさんのハクトウワシに会えました。

s-DPP_33363.jpg
ちょうどハクトウワシの繁殖期だったようで、巣を守っている姿が見られました。


(あと何回か続きます)
スポンサーサイト

Rufous Hummingbird

カナダで会いたかった鳥さんの一つに、Hummingbirdがいました。
2日目の朝見つけたHummingbird♪
3日目も宿泊しているキャビンの窓のすぐ横に来てくれていました。
s-ハミングバード
Rufous Hummingbird (アカフトオハチドリ)


s-ハミングバーーード
2羽♪
このコたちはメス。
オスは繁殖行動後、メスを残して去って行くのだそうです。
大きさは10センチほど。
小さくてすっごくすばしっこい!

s-ハミングバード3
ぶぶぶーーーーんと蜂のような羽音で飛び、ホバリングしながら花の蜜を吸います。

s-ハミングバード2
ぶぶぶーーーーーーーん


s-ハミングバード4
可愛いーー\(^▽^)/

朝ご飯の前の薄暗い時間でしたが。
盛んに蜜を吸いに来ていました。
s-ハミングバード8
警戒心がさほどなくて。

s-ハミングバード7
動かないでじーっとしていたら、すぐ前の花に。

s-ハミングバード5
クチバシに蜜滴がついているのが解りますか?

s-ハミングバード6
小さい体で素早く動き、ピタッと空中で止まって羽を動かしています。

日本では見られないHummingbird♪
Telegraph cove滞在中、毎日見られて本当に嬉しかった♪

2013 カナダ旅行 その5

今日は私がシャチを好きになったきっかけと、カナダ旅行に行きたいと思った理由についてお話させてください^^

むかぁし昔。
たぶん、小学生くらいの頃にテレビである映画を見ました。
その映画は『南極物語』。
その内容は、南極探検隊の方達が連れていった樺太犬たちの物語というのはご存じの方もたくさんいらっしゃるでしょうか。
その映画の中で、とても印象的だったのは、主人公のタロとジロたちを氷の割れ目から飛び出してきて襲う黒と白の大きな生き物、シャチだったのです。

それから何年もして。
ずっと大好きな動物 シャチについて知りたいと思うようになりました。

はじめはインターネットが身近にない時代だったので、図書館で調べました。
詳しい記述は見つけられませんでしたが、『Orca Lab』という観察研究施設を知りました。

またそれから何年も経ったのち、いろいろな本やインターネットでオルカラボの活動やカナダのジョンストン海峡のシャチのことを知りました。
s-IMG_9588.jpg

いつかここに行ってみたい!と思っていた夢が、やっと叶いました。


前回記事でもご紹介した『オルカラボ』は、海峡のいろいろな場所にハイドロフォンを設置して、水中のシャチの声を聞き、どの個体の声か、どの家族か。その家族の数はどれくらいかや、独特のイントネーション(シャチにも家族や親戚ごとに方言のようなものがあるそうです)でどの群れと血縁関係があるかなど・・・
音声によって分類や研究を行っている施設です。

HImap1.jpg
 (オルカラボ サポート ソサエティより借りました)

オルカラボの場所は、訪れたTelegraph coveの向かいの島の裏側にあります。
オルカラボの前の海峡は『Blackfish sound』と呼ばれています。
Blackfishとはシャチのことで、先住民やこの土地の漁師さんたちが黒い魚のように見えたシャチのことをそう呼んだことに由来します。


hrdrophone1.jpg
ハイドロフォンは様々な場所にありました。

s-DPP_29912.jpg
これはオルカラボのすぐ近く、LLのハイドロフォン。
△マークのところにソーラーパネルを電源にしてハイドロフォンがあります。

s-DPP_29919.jpg
少し回り込んでみると、このように近くをシャチやザトウクジラが通ったときに、音が拾いやすい場所に設置されていることが解ります。


s-DPP_29998.jpg
これは、真ん中でザトウクジラが浮上しているすぐ右側に。場所はF1です。


s-DPP_30161.jpg
こちらはCPのすぐ近く。この島の先端にハイドロフォンがありました。


s-DPP_29910.jpg
この目の前を悠々と泳ぐシャチが見たかったな・・・。

s-DPP_33347.jpg
 (旦那さんの100-400で)

ザトウクジラにたくさん会えたこの日も、ボランティアのスタッフが観察していました。

オルカラボの壁には『Welcome Springer』の看板も♪
スプリンガーのコトは、オルカラボの日本人ベテランボランティアスタッフの方の日記『ハンソン島日記 -スプリンガー-』に詳しいので、興味をもたれましたらぜひ読んでください^^


今回の私の旅は、シャチには会えませんでしたが、憧れのジョンストン海峡で船に乗り、オルカラボを眺め、シャチたちの生活や息吹を感じられた素晴らしいものでした。

でも 出来るならば、次に行ったときにはシャチに会えますように。

2013 カナダ旅行 その4

7月4日の13時からのクルーズでもたくさんのHumpback whale(ザトウクジラ)に会えました。

s-DPP_30829.jpg

ヨットとザトウクジラ。

s-DPP_31827.jpg
ここジョンストン海峡はたくさんの島があります。
その島のすぐ沿岸は深いようで、このようにザトウクジラが次々に浮上します。

s-DPP_31843.jpg
日本では見られない景色の連続!
そしてそこに大好きな生き物がいる!!
なんて素敵なことでしょう^^


s-Orcalab.jpg

Telegraph coveの向かい側にあるHanson Island(ハンソン島)
ここには、Orca Labというシャチの研究・観測施設があります。
Paul Spong博士というシャチ研究の権威が電気も水道もない無人島に住み、ボランティアのスタッフと共にジョンストン海峡のシャチたちを観察し続けています。

シャチに憧れ、シャチを知りたいと思い、図書館で海洋生物の本を見たときに書いてあったオルカラボ。
Stubbs Island Whale WatchingのキャプテンWayneがゆっくりと船を寄せてくださり、「あれがオルカラボだよ」と教えてくれたとき、本当に心が震えました。
夢ではないのだろうかと・・・
カナダ北西部沿岸やアラスカまでの海域の北の定住シャチ群は200頭以上。
この海域の定住シャチたちは、Northern Resident(北のレジデント)と呼ばれています。
その一頭一頭が識別されていて、ニックネームと識別番号を持ち、家系図もしっかりと調べられているのです。

オルカラボについては次回またご紹介します^^



オルカラボを離れ、船を進めて行くと・・・

s-DPP_30792.jpg
あれれ?
2頭いる^^
s-DPP_30802.jpg

仲良しさんなのかな?
s-DPP_30807.jpg
まもなく潜っていきました^^

ザトウクジラは15分くらいでまた浮上しますので、停泊して待っていると。

ブフォォオオオー!!!
!!!!!!!!
s-DPP_30970.jpg
船の真横、2メールくらいのところに浮上しましたー\(^▽^)/

s-DPP_30984.jpg
噴気孔もしっかり開いています^^

ザトウもやっぱりびっくりしたのか、船から離れたな~と思って見ていたら。

いきなり1頭がPeduncle Slap!!!!!!
s-DPP_32153.jpg
Σ(- -ノ)ノ

s-DPP_32155.jpg
尾が解るでしょうか・・・?

s-DPP_32161.jpg
水しぶきがこちらが側だったのですが・・・

s-DPP_32166.jpg
ドドーーーーーン!!
びっくりしたー。

今回の旅行中でザトウクジラが見せた一番のアクションでした^^
しぶきがあちら側だったらもっとよかったけど^^ (贅沢者)


午後のクルーズでもたくさんの鳥さんがいました^^
撮れなかったけど、ウミガラスやウミスズメ。
このアカエリヒレアシシギはいっぱいいた♪
s-DPP_30738.jpg

そしてそして♪
s-DPP_31041.jpg
会いたかったBelted Kingfisher!
アメリカヤマセミー\(^▽^)/

s-DPP_32297.jpg
ヤマセミとは言っても、このコたちは沿岸に住んでいるコトが多いそう。
遠かったのでアメリカヤマセミの写真はトリミングしています。

s-DPP_30686.jpg
ハクトウワシが休んでいるな~と思ったら。

s-DPP_32342.jpg
真ん中の樹に大きな巣が。
両親ともいたので、ヒナが居たのかな。

s-DPP_31915.jpg
青空を飛んで居る姿は本当に美しいです。


午後のクルーズも3時間半くらい。
美しいTelegraph coveに戻ってきました。
s-IMG_2110.jpg

夕食は、私がチキンフィレのバーガー。
s-IMG_2105.jpg
 (iPhoneで)

s-IMG_2106.jpg
 (iPhoneで)
旦那さんはチーズバーガー。
付け合わせはTelegraph cove特製のクラムチャウダー♪
ツアーをご一緒したKさんという母くらいの年齢の女性がとても親切で、英語も堪能^^
毎日夕食をご一緒させていただきました^^
旅先での食事、出会いもとても楽しいものです。
会話も楽しく、食事もとっても美味しかった♪

食事をしたあとは、また散策♪

s-DPP_31108.jpg
ミンクがまたいた♪

キャビンの周りには。
s-HERMIT THRUSH
Hermit Thrushがいて。

s-DPP_30314.jpg
Song Sparrowも。

ロビンやハミングバードが飛び回っていて、いろいろなさえずりがするのです。

s-DPP_31116.jpg
そして何かいる!と見ると、鹿。
シダの葉をもちゃくちゃしていました。

とってものどかで自然いっぱい♪
s-IMG_2103.jpg
 (iPhoneで)
初日にリゾート内のショップに売っていたこの鳥の本がとても役に立ちました^^
日本や北海道でも見られるコもいて、見られないコもいる♪
遅くまで 撮った写真を眺めて、「これはどのコだろう?」と見ていました。



次回に続きます。

2013 カナダ旅行 その3

7月4日。
朝、シャワーを浴びようとして何気なく外を見ると、私たちの部屋の窓のすぐ横の電線に小さな鳥さんが。
よく見たら。
s-ハミングバード
ハミングバード!!!
何枚か撮ったあと、Telegraph coveに着いたときにショップで買った鳥の本で調べたら、Rufous Hummingbird でした!!!
会いたかったハチドリさんに会えたーーーー\(^▽^)/
朝からとっても
嬉しかったー♪

s-IMG_2096.jpg
 (iPhoneで)
お天気も良くなってきました♪

s-IMG_2100.jpg
 (iPhoneで)
朝ご飯はリゾート内の Seahorse Cafe で♪
カナディアン・パンケーキとコーヒー♪
メープルシロップとホイップクリームで甘かったけど美味しかった♪

s-IMG_2123.jpg
 (iPhoneで) 指がかさかさだ;
ホエールウォッチングは Stubbs Island Whale Watching にお世話になりました。

s-IMG_2119.jpg
 (iPhoneで)
乗船前にはどんな動物が見られるかや、観察の注意、船では手すりにつかまってね。毎年何人か興奮して階段で怪我をするよ とか説明があります^^
真ん中奥の男性はキャプテンWayneです。

さあ、乗り込んで♪
しゅっぱーーーっつ\(^▽^)/
ここTelegraph coveは北海道の羅臼町くらいの気温でした。
海に出るとやっぱり風は冷たい^^

出航してほんの1分くらいで30頭くらいのDall's porpoises (イシイルカ)の群れに会いました。
ゆっくりしていたので、そのまま通過します。

s-けしき
こんな美しい景色の中、進みます。
日本では見られない風景にうっとりしました(人´∀`)


と、そこへ。
s-あ!このコは!
あ!あのコはもしや!!!

s-アメリカウミスズメ
Cassin's Auklet!!!!!
アメリカウミスズメでした!!!
会えたー!!

s-はーばーしーる
たくさん点在する島々には、Harbor Seal(ゼニガタアザラシ)がいっぱい♪

s-はくとうさん
ハクトウワシが飛んでいて。

s-ハイイロヒレアシシギ
北海道の海でも会える Red-necked phalarope(アカエリヒレアシシギ)も♪

s-ざとう
・・・と、前方にブロー!!
Humpback whale(ザトウクジラ)です♪

ザトウクジラはシャチの次に好きな鯨類♪
ワクワク度がアーーーーーップ!!

s-1回目
ザトウクジラは3分くらいで呼吸を整えてFluke-Up Dive!
その後は15分くらいでまた浮上します。

s-ブローがぶわ
ザトウクジラはヒゲクジラなので、呼吸孔が2コあります。
ハクジラのシャチやマッコウクジラなどは1コです^^
なので、噴気もふわ~っと広がって上がります。
噴気で遠くからでもどのクジラかが解るんですよ♪


s-ざぶぶーーーん
ざぶ~ん♪

s-ぶわわ
ぶわわ~♪

この海域はザトウクジラもシャチもそれぞれ個体識別がされていて、識別番号とニックネームが付いています。
浮上して再び潜るときに尻尾を見て、裏も模様や傷白い部分の大きさ、フジツボの付き方や尻尾の形で識別されています。

s-個体識別
このコは、『Conger』です^^

この日のジョンストン海峡にはたくさんのザトウクジラが入って来ていたようです。
あちらにも!こちらにも!!と、あまり船を走らせないでもたくさんのザトウクジラに会えました。

このあたりで午前のウォッチングは戻る時間。
桟橋に着くころには3時間半が経過していました。

長くなったので、次回に続きます。

(続く)

Bald Eagle

s-ぺsのコピー
北アメリカに生息するハクトウワシ。
日本では自然の中では会えないワシです。

s-WALDEAGLEのコピー
頭部と尾が真っ白。
とても美しいワシ。

ハクトウワシと聞くと、アメリカ合衆国の国鳥だとすぐに思い浮かぶ方も多いでしょう。

s-ゆうぐれのコピー
大空を優雅に飛ぶ姿は、とても美しくてかっこよかった。


クルージング中に海面近くを飛ぶたくさんのハクトウワシに会いました。
s-IMG_2514.jpg
キャプテンが船をゆっくり寄せてくれて見ていると。
盛んにみなフィッシュボールに飛び込んでいるよう。
 (フィッシュボールとは、たくさんの小魚が海面近くに固まって泳いでいる状態のことです)

s-わしのコピー
上手に海面に足を伸ばして~。
 (このコは幼鳥)

s-わしわしのコピー
お見事♪


s-わしわしわしのコピー
大人も~。

s-わしわしわしわしのコピー
とや~っ!

s-わしずかみのコピー
これまたお見事♪

s-わのコピー
ただ留まって休んでいるだけではなくて、躍動する姿が見られました。

会いたかったハクトウワシ。
いっぱいいっぱい会えて嬉しかったです。


Johnston strait,British Columbia,Canada

2013 カナダ旅行 その2

s-DPP_28872.jpg
Telegraph Cove Resortは、Telegraph Coveという小さな小さな集落にあります。
かつて文字通り電報局のあった場所・・・
その後は漁業の街になり、缶づめ工場と製材工場があったそうですが、戦前は日本人も住んでいたようで、『Nakamura House』という看板のついたキャビンがありました^^
今は冬期間は人がいなくなる、夏季限定のリゾートです。

リゾートと言っても、見える場所がすべて。
s-DPP_29097.jpg
この入り江の周りだけなのですヽ(=´▽`=)ノ

こぢんまりしていて、いいでしょ?^^

s-DPP_29094.jpg
色んな場所に説明の看板があります。

s-DPP_29089.jpg
シャチの看板も♪

今回泊まるキャビンは・・・
s-DPP_29109.jpg
木の道を歩いて行って・・・

s-DPP_29106.jpg
キャビン15です(*´∇`*)


2階建てになっていて、1階はリビングとトイレとお風呂。そして1部屋。
2階はシングルベッドが2つのお部屋と・・・
s-DPP_29103.jpg
キングサイズのベッドのあるお部屋♪
私たちはこちらを使わせていただきました^^

もう一つドアを開けると。
s-DPP_29099.jpg
赤毛のアンでも住んでいそうな屋根裏部屋もついていましたー♪

キャビン内はテレビもラジオもありません。
ゆったりした時間を持つなんて、なんて贅沢でしょう!

s-DPP_29098.jpg
お部屋の中は随所にシャチが。

s-IMG_2092.jpg
 (iPhoneで)
シャチのオブジェや。

s-IMG_2093.jpg
 (iPhoneで)
スイッチカバー\(^▽^)/


s-DPP_29104.jpg
2階からリビングを眺めるとこんな感じ^^
薪ストーブもありました♪


s-DPP_29112.jpg
夕食は、The Killer Whale Cafeで。


私はウエイトレスさんおすすめのサーモングリル^^
s-DPP_29138.jpg
飲み物はクランベリージュース♪
カナダではポピュラーなクランベリージュース。
すっごくおいしかった。
考えていたらまた飲みたくなっちゃった!いっぱい買ってくるんだったな・・・。

旦那さんは、フィッシュ&チップス!
s-DPP_29139.jpg
この料理達、本当にすごい量なんです!!
でも味はすっごくおいしかった♪
フィッシュ&チップスの フィッシュはHalibut(オヒョウ)です。

夕食後はカメラ片手に散策。
s-DPP_29114.jpg
翌日からお世話になる Stubbs Island Whale Watching
ずっとインターネットで調べていて、いつかここに来たい!と思っていたところの前にいる・・・
本当に夢みたいでした。
(私は感動屋なので、目に涙をためて いつも旦那さんにドン引きされます・・・汗)


散策中は鳥さんもいっぱい!
s-DPP_29194.jpg
美しい Violet-green swallow や。

s-DPP_29204.jpg
American robin♪
ロビンはいっぱいいた!

s-DPP_29133.jpg
ぐる~~~っと反対側まで歩いてきました。
・・・といっても、ゆっくり15分くらいで着いちゃいます。

s-DPP_29131.jpg
目の前はジョンストン海峡。

あ~、なんて幸せなんだ~(*´ェ`*)ポッ
いつまで見ていても全然飽きることのない風景。
時折イシイルカの背が見えました。

ベンチに座り、ぼーーーーっと風に吹かれていると。

ん??
桟橋に何かいる・・・??
s-IMG_1968.jpg


s-DPP_29286.jpg
 (旦那さん撮影100-400mm)
カワウソだーーーー!!!Σ(- -ノ)ノ

s-DPP_29329.jpg
 (旦那さん撮影100-400mm)
・・・なんだかブサイク(* ̄m ̄)プッ

s-IMG_1973.jpg
カワウソを撮っていたら、テッテッテッと走ってくるものがっ。

s-DPP_29292.jpg
 (旦那さん撮影100-400mm)
わぁー!今度はミンクだぁあー(^○^)
カワウソとミンク。近くにいてもお互い気にしないみたい。

しばらく見ていたら。
s-DPP_29308.jpg
 (旦那さん撮影100-400mm)
あれ?また違うカワウソが来たー。

s-DPP_29312.jpg
 (旦那さん撮影100-400mm)
スイスイ泳いでる♪


s-DPP_29301.jpg
 (旦那さん撮影100-400mm)
ミンクも桟橋の下に潜ったりしていました。
ここは釣り人がたくさん来る入り江なので、きっとおこぼれをもらいにきているのでしょうね^^
ミンクは毎日見られました。

s-IMG_6773.jpg
この時期のカナダ西部の日没は21時半頃。
いっぱい散策してもまだ明るい♪

高い樹には、ハクトウワシ・・・

日本からのフライトとテレグラフコーヴに来るまでの道中で少し疲れたので、この日は23時ころ就寝しました。

(続く)

2013 カナダ旅行 その1

生涯感動の旅 (株)ismさんにお世話になり、カナダに行ってきました。


2013年7月2日
私のカナダ旅行が始まりました。
新千歳空港内のエアターミナルホテルで前泊。
3日の早朝の便でしたので、余裕を持った日程にしました。

実はとっても久しぶりの飛行機。
そしてはじめての海外旅行♪
準備も これはいるか?これはどうだ?とスーツケースから荷物を出したり入れたりしててんやわんや・・・。
出発直前も、パスポートは持ったか?忘れ物してないよね???と何度も何度も見直す始末。
完全に田舎者でした^^

s-DPP_29012.jpg
NH2152便で新千歳空港から成田国際空港へ。
  (大洗の上空)

乗り継ぎの関係で、ゆっくり成田国際空港で遊ぶ時間がありました。
成田国際空港に行くのは初めて。
たくさんお店があって退屈せず。
スーツケースは新千歳空港からスルーチェックインでバンクーバーまで。
なので身軽にあっちウロウロこっちウロウロ。
とっても楽でした^^

そして11時半ころ・・・
じょーさんと娘さんと、saiさんが来てくださいましたー(*´∇`*)ノ
s-IMG_2032.jpg
乙!!!
 (iPhoneで)

今回の旅に使うスーツケースの一つはsaiさんにお借りしたものなのです^^
そして じょーさんとはブログやメールで交流させていただいてはいましたが、初めてお目にかかれましたー!
3人にお会いできて、お見送りしていただけてとっても嬉しかった(*´ェ`*)ポッ

s-DPP_29019.jpg
記念に、ぱちり★


遊んでいる間に、ツアーの集合時間が。
今回のツアーは私と旦那さんを入れて5人プラス添乗員さんの6人。
とてもこじんまりしていて、よい人数でした^^


国際線はエアカナダ♪
s-IMG_2039.jpg
 (iPhoneで)

 成田からバンクーバーへはJALとエアカナダが就航しています。
どうせならば、エアカナダに乗って行きたい!!!とずっと思っていたので、旅行の細かい日程が出て、フライトがエアカナダと書いてあったときにはガッツポーズをしました^^
だって、いかにもカナダ!!!って感じじゃないですか?^^

s-DPP_29025.jpg
機材はエアバスA330。

s-IMG_2041.jpg
 (iPhoneで)

何も悪いことはしていないのですが、保安検査にドキドキ((o(б_б;)o)) 
うっかりと携帯をポッケに入れていて、ピンコン!と鳴らしてしまって再検査でした(笑)
舞い上がっていたのかなぁ・・・。

s-IMG_2046.jpg
 (iPhoneで)

16:00 成田発のバンクーバー行
さあ、搭乗時間になりました♪

s-DPP_29028.jpg
 (iPhoneで)

行きはほぼ満席。
思っていたよりもたくさんの方が乗っていました。
エコノミー席でも大きなモニターがあって、USBとAC電源がありとっても便利で快適でした。

s-IMG_2240.jpg
 (iPhoneで)

晩の機内食はこちらのビーフと。

s-IMG_2241.jpg
 (iPhoneで)

チキンから選べました。
私はビーフアレルギーなので、チキンに。
味はスパイシーでなかなかおいしかった♪
エアカナダはエコノミーでもフルーツジュース、トマトジュース、スピリッツ、ウイスキー、ビール(ハイネケンとカナダビールともう一種類で3種類もあった!)、小さいテーブルワイン、牛乳やコーヒーなどすべて無料!
プレミアムクラスはもっと種類が豊富みたい。
何度もおかわりどうですか?とか、聞きに来てくれたし、ギャレーに取りに行っても嫌な顔せず対応してくれるしで、とてもよかったです。
プレッツェルやクッキーなどの おやつもありました^^


s-DPP_29042_20130710214430.jpg

バンクーバーは時差がマイナス16時間。
日本を夕方に出てもその日の朝に着くことになります。
なので機内で朝食も出ました。

s-IMG_2065.jpg
 (iPhoneで)

オムレツ^^
晩もそうでしたが、パンが私好みの味で、少しぎゅっとした引きの強いパンですごくおいしく食べられました。
カナディアンのCAの方が英語で「パン1コでいい?」と聞いてくれてYES!と答えたのを後悔したくらいでした。
今度乗ったら5つは食べたい!(おいおい;)

s-DPP_29046.jpg
カナダのジョンストン海峡上空にさしかかると本当に素晴らしい景色が広がっていました。
機窓の風景が素敵でずっと眺めていました。
いよいよ、カナダなんだ・・・。

バンクーバーまで8時間50分。
長かったようで、あっという間でした。

Vancouver International Airportに着いて最初に会うのはこの風景。
s-IMG_3816.jpg
 (iPhoneで)
ファースト・ネ-ション(カナダの先住民族)の方のトーテムポール。
とても大きくて素敵なものでした。

s-IMG_2070.jpg
 (iPhoneで)
壁にも^^

s-IMG_2077.jpg
 (iPhoneで)
またあった♪

キョロキョロして、添乗員さんやツアーの方に置いて行かれないように^^

s-IMG_2073.jpg
 (iPhoneで)

そしていよいよ、Immigration(入国審査)です。
いろいろ調べると質問されたり、とっても怖いイメージの入国審査ですが、今回は添乗員さんがいたからか? こわーーい顔した審査官は終始無言・・・。
私の顔と旦那さんの顔を交互に見て、パスポートを無言でポン!と置いて終了。
何ともあっけないものでした。
なんだったんだろかね??

s-IMG_2074.jpg
 (iPhoneで) 

新千歳空港から来た荷物を無事に受け取り・・・。

s-IMG_2081.jpg
 (iPhoneで)

シャトルバスでVancouver International AirportのSouth Terminalに移動します^^
初めての右側通行!!!
景色がちがーーーーーう!!
左折はドキドキしました( ̄ー ̄;)
乗っているだけなのに。


South Terminalは国内線の小さな飛行機会社がたくさん入っています。
s-DPP_29063.jpg
今回はPacific Coastal Airlinesで、Port Hardyという街まで移動します^^
所要時間は約1時間です。

s-DPP_29069.jpg
プロペラ機ー\(^▽^)/
SAAB340Aという30人乗りの小さなもの♪
尾翼にシャチが描かれていますー^^

s-DPP_29072.jpg
主翼の上でした^^

s-DPP_29078.jpg
Port Hardyに着いたーーーヽ(=´▽`=)ノ

ここからタクシー2台に分乗して約40分。Telegraph Coveまで。
ずーーーーーーーーーーーーーっとタクシーの運転手さんに英語で話しかけられて、全く英語が出来ない私はちょっと困ってしまいました><
何とか聞き取れたものは答えられましたが・・・
ぐだぐだだったあああああー( ̄□( ̄□( ̄□ ̄;)!!

s-DPP_29093.jpg
と、そんなこんなで、テレグラフコーヴ・リゾートに到着♪

(続く)

帰国しました♪

s-空
たくさんの思い出とともに約一週間のカナダ旅行から帰国しました。
会いたかったカナダのシャチには残念ながら会うことは出来ませんでしたが、とってもとっても楽しかった♪

たくさんの野生動物や鳥、素晴らしい景色やあたたかい人たち。
カナダは思っていたよりも数倍素晴らしい国でした。

また絶対に行きます。

写真はちょうどジョンストン海峡上空あたりの空から。
写真を整理してゆっくりと旅行記をまとめたいと思います。
どうぞお付き合いくださればと思います。
*こんな人*

なおなお

Author:なおなお
ナキウサギや高山植物に会いに大雪山へ。
シャチやクジラたちに会いに海へ。
エゾモモンガや鳥たちに会いに森へ。
休日は大好きなもの達をいつも追いかけています。

コメントはどうぞお気軽に♪
コメントくださるととても励みになります♪

***********************

大切に撮った写真たちです。
当ブログに掲載されている写真・画像・イラストの無断複写、転用等の利用・使用はしないでください。

使用許可やご意見・ご要望は、下記メール

naonao.kisskiss@gmail.com

にご連絡ください。

***********************

*こよみ*
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
*最新記事*
*コメントありがとう*
*リンクありがとう*
*記事の種類*
*使用機材別*
*月別記事一覧*
*お問い合わせ*

名前:
メール:
件名:
本文:

*記事内検索*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。