スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャチさえいれば!

s-エキサイティングのコピー
斎野重夫さん主催のシャチ調査クルーズに参加させていただきました^^

朝の6時前から夕方5時ころまでびっちり沖に出てのクルーズ。
日曜日は波が少しあって、ウネリに弱い私はちょっと怪しくなっておりましたが・・・
怪しさもピークに達する頃、シャチ発見の報!
s-どどーーんのコピー
シャチさえいれば、酔いなんてー♪
完全復活ー\(^▽^)/

s-どどーん!のコピー

午前にあった群れは少し警戒する群れでしたが、ときおり船に向かってきたり。

s-syaのコピー
船の下をくぐって併走してくれたり。

s-羅臼だけのコピー
波のある中、体をうりゃうりゃ~!と力強く出して進んでいくシャチは本当にかっこよく美しかった。

s-ばっちゃんのコピー
ゆっくり着いて行ったら、「やめて!こないで!」(?)

s-とうううのコピー
でも手が届きそうなくらいの距離に浮上したり・・・

s-むるりのコピー
かと思えば、す~っとゆっくり浮上したり。

今年は順調に沖に出た日は遭遇率100パーセント♪
どんな海でもシャチさえいれば!
そこは極上の海なのです^^
スポンサーサイト

ぴょっこぴょこ♪

とてもゆったりとしたフレンドリーな群れに会いました。
s-2のコピー
船に寄ってきて動きが止まったな~と思ったら、あれれ?みんな一列に並んでいる^^

s-13のコピー
頭を上げたな~と思ったら。

s-3のコピー
ぴょこん。

s-5のコピー
ぴょこん。

s-11のコピー
赤ちゃんもぴょこん。

s-6のコピー
ぴょーん。
 (旦那さん撮影 EF100-400mm)

s-7のコピー
ぴょこぴょこ。

s-8のコピー
「私も見る~♪」って赤ちゃんもぴょこん。
 (旦那さん撮影 EF100-400mm)

s-9のコピー
シャチは観察するとき、このように頭をぴょこんと出して目で見ます。
スパイホップ(偵察行動)と呼ばれます。

s-10のコピー
シャチの子供は好奇心旺盛なので、赤ちゃんやちびっこがぴょこぴょこすることはよくありますが。

s-12のコピー
群れ全体が船に興味を持って私たちを見る行動は、私は今回がはじめて。
普段はお母さんや叔母さんシャチは無邪気に遊ぶこどもたちを心配そうに見守っているように感じていました。
こういう風に警戒心が少なく、安心してシャチたちが過ごしてくれているのを見ると、本当に嬉しいです。

この後、「もう飽~きた♪」というような感じで、ゆっくりと長く潜って去っていったシャチファミリー。
いつもシャチに会うと新たな発見があります。
また会えますように^^



知床ネイチャークルーズさんにお世話になりました。

素晴らしい海

s-沖のかみさまのコピー
よく凪いだ海も、荒れた海も。
シャチにとってはいつもの生活の場。

s-おっとせいのコピー
キタオットセイもこの時期はよく観察される動物です。

s-DPP_20993のコピー
そして遠く、オーストラリアやタスマニアから飛んできたハシボソミズナギドリ。



たくさんの生き物が訪れる北海道の羅臼沖。
船酔いの心配があるので出来れば凪いだ海の方が嬉しいけれど・・・
でもそれぞれ違う魅力があります♪


知床ネイチャークルーズさんにお世話になりました

Swims gracefully.

s-DPP_21591のコピー
穏やかな海を知床半島を背にゆっくりと泳ぐ。

s-DPP_21884のコピー
こちらは反対側、国後島を背景に・・・。

s-DPP_21928のコピー
快晴で凪の条件で海に出られることは、少ない休日ではなかなかないことでした。

いままで、このような条件で、残雪の時期に写真が撮れたらいいなぁと思っていましたが、今年の大型連休でその夢が叶いました♪
海の神さま、山の神さま、そしてお日さまに感謝♪

驚かせちゃって~♪

s-s-DPP_21606 (2)のコピー
あれれ?どこに隠れちゃったかなー?ってキョロキョロしていると。
後方から舳先に向かってゆっくり潜って・・・

s-s-DPP_23948のコピー
(写っているのは私です。この写真のみ旦那さんが2階デッキから撮影)
こんな近くの。

s-DPP_22062のコピー
舳先に浮上~♪

s-DPP_21049のコピー
虹を見せてくれました♪

よく晴れていて西日が当たると、このようにシャチのブローに虹が架かることがあります♪
いつもその度に「虹がかかってるーーー♪」と騒いでしまうのですが・・・
見られるととっても嬉しい幸せの虹♪


船に対してさほど警戒しない群れは、シャチの方から興味を示して来てくれたり、船と平行してゆったり泳ぎながら船の上の人たちを「どんな人かな~?」って観察したりします。
船を走らせていて、シャチたちを追い越したな~と思ったら、急に舳先に浮上してびっくり!なんてことも・・・。
シャチの行動はとっても奇想天外♪
そして本当に頭がよい動物だな~と思います。
私はそんな動物、シャチが大好きです(*´∇`*)


シャチ 知床・羅臼沖 


知床ネイチャークルーズさんにお世話になりました

大好きなファミリー!

s-DPP_21026のコピー
このオスのシャチは、羅臼沖で会えるシャチの中で一番私が好きなシャチです。

s-DPP_21039のコピー
とても背びれが立派で、とってもかっこいいのです。
そしていつも優しく家族を見守るようにして泳いでいます。

s-DPP_20954のコピー
家族たちはというと、そんな頼れるオスに守られているからか・・・

s-DPP_21315のコピー
ゆったり、のんびり。

s-DPP_21272のコピー
リラックス♪


このファミリーは、識別番号R4の群れ。
私の愛するこのオスは、識別番号SNS-OO016くんです。

北海道の根室海峡、オホーツク海、そして釧路沖含めた北海道の道東地域では、いま識別されているだけで400頭を超えるデータがあるそうです。
そして子供や赤ちゃんを含めるとおそらく500頭以上ではないかとのこと・・・。
これだけのシャチたちが集まる海は、世界中探しても他にはないかもしれません。
そんな広くて豊かな海で、馴染みのシャチたちに会えるのは、本当に幸せなこと。
これからもこの豊かな海で、のびのびとしたシャチ達に会えますように。


シャチ  北海道・羅臼沖


知床ネイチャークルーズさんにお世話になりました

威風堂々

s-s-しゃつ!!!!!のコピー
ゴールデンウィークはシャチとの出会いを求めてまた海へ。

シャチたちに会うことが出来ました。
雪山とオスのシャチ。
思い描いていた『こう撮りたい!』が何枚か撮れました。
自然相手なので、思うようにいかなかったり、自分の技術力のなさに悲しくなったりもしますが、出会うことが一番。
写真はその次です。

シャチに出会うと、子供のようにはしゃいでしまいますし、本当に嬉しくておバカさんですが泣きそうになってしまいます。
いつかこのオスのシャチのように、堂々として向き合うことが出来るといいのだけど・・・^^


シャチ 知床・羅臼沖

知床ネイチャークルーズさんにお世話になりました。
*こんな人*

なおなお

Author:なおなお
ナキウサギや高山植物に会いに大雪山へ。
シャチやクジラたちに会いに海へ。
エゾモモンガや鳥たちに会いに森へ。
休日は大好きなもの達をいつも追いかけています。

コメントはどうぞお気軽に♪
コメントくださるととても励みになります♪

***********************

大切に撮った写真たちです。
当ブログに掲載されている写真・画像・イラストの無断複写、転用等の利用・使用はしないでください。

使用許可やご意見・ご要望は、下記メール

naonao.kisskiss@gmail.com

にご連絡ください。

***********************

*こよみ*
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
*最新記事*
*コメントありがとう*
*リンクありがとう*
*記事の種類*
*使用機材別*
*月別記事一覧*
*お問い合わせ*

名前:
メール:
件名:
本文:

*記事内検索*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。