スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たっくさん♪


黒岳では、たくさんのナキちゃんに会えました♪
このコは、登山道を何度も往復して。
私や旦那さんの足元をくぐって行って、最後は旦那さんの登山靴の上を乗り越えて行きました!


すぐ近くでぼへら~。


クロマメノキの葉をもしゃもしゃ。


メアカンキンバイをもしゃもしゃ。


うるうる~♪ (=´▽`=)



こちらは大人のナキちゃん。


チシマツガザクラの絨毯の上や~。


イワヒゲの近くにも~♪


のんびり♪


たくさん可愛い写真を撮ることが出来ました♪
ナキちゃん、ありがとう♪


大雪山 黒岳
スポンサーサイト

今年の初登山♪


大雪山 黒岳に行ってきましたー♪
 (写真クリックで少し大きくなります)

お天気が心配でしたが、風も穏やかで視界もそこそこにあり、何よりもお花がたくさん、動物にもたくさん会えました♪


ロープウエイとペアリフトを乗り継いで、登山口から山頂まで1時間半♪
昨年までは2時間掛かっていたので、今回は順調でした♪
さ、石室(いしむろ)まで行きましょ♪

ぼよよん~♪ぼよよ~ん♪


この群れはとっても仲良し家族の楽しい群れ。


ダブルで ぼよよ~ん♪


船の近くで ぼよよ~ん♪


とぉっ!


びよ~ん♪


ジャ~~ンプッ!!


数え切れないくらいたっくさん飛んで跳ねていました♪
初めて間近で見たジャンプ。
とってもイキイキしたシャチたちが見られてとっても楽しかった♪


シャチ

北海道 知床・羅臼沖

知床ネイチャークルーズさんにお世話になりました。

波乗り~♪


す~いすい♪


す~いすいすい♪


船がたくさん揺れて、人間も ちょっと船酔いが心配な高波の中。
そんな波を楽しんでいるようなシャチたち。


波に乗って、体を豪快に出してザブンザブン!

舳先に居たら、遊園地の遊具のように上下して掴まっていないと振り落とされそうになる状況も、
こんなシャチたちのイキイキした姿が見られたので、とっても楽しかった♪


シャチ

北海道 知床・羅臼沖

知床ネイチャークルーズさんにお世話になりました。

寄り添っている♪


羅臼沖で カマイルカに会うことが出来ました♪
カマイルカは素早く泳いでピョンピョンと飛び跳ねたりする種類のイルカです。
根室海峡でカマイルカに出会えるのは稀♪ シャチよりも遭遇率が低く、今年2回目の遭遇だったそう♪


いつも見ているイシイルカとはまた違った楽しさがあり、船についてたくさん泳いでくれたのですが。
じ~~~っっと見て居て、写真をあんまり撮って居なくて・・・(^_^;)
舳先で「可愛い~!」を一人で連発して はしゃいでおりました!(シャチのときもそんな感じ・・・)

ふと撮った写真を見たら。

上と下、それぞれ左右のカマイルカの大きさに違いがあるのが分かりますか?
写真に写っていたのは2組の親子でした♪

「親子いたんだね!」って言ったら。
うちの旦那さんは2階デッキからよく透けて見えていたようで、気づいていたようでした^^



親子はずっと寄り添っていました。


手前が子ども、奥はお母さん。
優しく呼吸のタイミングを合わせて泳いでいたようでした。


根室海峡では貴重なカマイルカ♪
親子も見られて とっても楽しかった。


カマイルカ
    (3,4,5枚目はEF100-400mmL)
 
北海道 知床・羅臼沖

知床ネイチャークルーズさんにお世話になりました。

思うこと。


のんびりしたナキウサギ。
ナキちゃんのお宅を訪問したなら、そうっと観察させてもらうのが礼儀。


そしたら 今年生まれのちびっこは、こちらにさして警戒心も抱かず、寄ってきてくれたり、目の前で寝てくれたり・・・。
本当に自然な姿を見せてくれます。


先日、会員制のコミュニティサイト mixiの『北海道登山者の会』というコミュニティに、本当に悲しく、怒りを覚えるものが、ある大馬鹿者によって投稿されていました。

『ニペソツ山にチャレンジしてきました!天候は最悪だったけど、ナキウサギ捕まえて記念撮影したから良しとするかな』 と・・・。

手袋を履いた手でナキウサギの子どもをぎゅっと片手で握って撮影した写真とともに・・・。


最悪なのは、ニペソツ山に登った日の天候ではなく、その方の行いです。
なぜナキウサギを捕まえる必要がある??
なぜ捕まえて記念撮影して、それを良いことだと思える??
そして悪びれもせず、投稿する??

いま現在、その投稿は削除されていますが、批判が殺到しました。
もちろん私も勢いに任せて批判のコメントを書いた一人です。
しかし、このナキウサギを捕まえて記念撮影した人を擁護するように、
「捕まるナキウサギも悪い」と言うようなことを書いた人物まで現れました。
本当に悲しいことです・・・。

「捕まるナキウサギも悪い」と書いた方は、
「捕まえるのもどうかと思いますが、人ごときに捕まるナキウサギも問題。
自然界では長く生きられないでしょ。
餌をおいておびき出し、写真を撮影する方も多い。
こうしてしまったのは、山を愛しているはずの多くの方々。
本当にナキウサギを思うのであれば、登山に行かないことです。
確かに希少種で、数も少ない(と考えられている)ですが、増えても困るもの(元々絶対数が少ない)。 」
 (原文まま)

・・・と書いていました。

自然界の摂理と、今回の人間のした行動はイコールではありません。
擁護されるものでも、論点をすり替えることも間違っています。

ナキウサギも、その他の野生動物も花も鳥も もちろん私のものではありません。
でも、同じように、捕まえた大馬鹿者のものでもありません。
大自然に『お邪魔されてもらう』ことが何故出来ないのか・・・。
本当に悲しくて、腹ただしい出来事でした。

その後、大馬鹿者に捕まったナキウサギの子どもは、どうなってしまったのか・・・。
まさか小石でも投げるように、ぽ~んと放されていたなら・・・と、本当に心配になります。


今回は感じるままを書かせていただきました。
乱文になっていますこと、お詫びいたします。

うとうと・・・


ぽかぽか日和のナキちゃんは。
お気に入りの岩でうとうと・・・。

ぽかぽか。
うとうと・・・。

ぽかぽか。
うとうと・・・。


こてっ!

おちゃめなチビナキちゃんでした。


ナキウサギ
*こんな人*

なおなお

Author:なおなお
ナキウサギや高山植物に会いに大雪山へ。
シャチやクジラたちに会いに海へ。
エゾモモンガや鳥たちに会いに森へ。
休日は大好きなもの達をいつも追いかけています。

コメントはどうぞお気軽に♪
コメントくださるととても励みになります♪

***********************

大切に撮った写真たちです。
当ブログに掲載されている写真・画像・イラストの無断複写、転用等の利用・使用はしないでください。

使用許可やご意見・ご要望は、下記メール

naonao.kisskiss@gmail.com

にご連絡ください。

***********************

*こよみ*
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
*最新記事*
*コメントありがとう*
*リンクありがとう*
*記事の種類*
*使用機材別*
*月別記事一覧*
*お問い合わせ*

名前:
メール:
件名:
本文:

*記事内検索*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。