スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雪山 紅葉2015 

少し前ですが、9月15日。大雪山 黒岳ロープウエイとリフトを利用して、黒岳からお鉢平展望台まで歩いてきました♪
ずっと日曜日の予報がよくなくて、土曜日は仕事なのでやきもきしていたのですが。
社長の機嫌のよいときを見計らって、「しゃちょ!一生の(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪」と頼んでみると、あっさりとOKをくれました。
『一生のお願い』・・・子供のようだけど、使えるな♪笑

s-IMG_0074.jpg
7合目登山口からゆっくり1時間40分で山頂!
黒岳の山頂は、最後の一歩を登ったら どーーーーん!と絶景なんです!!!

s-IMG_0080.jpg
とってもよいお天気で、雲はありましたが風がほとんどなく、ぽかぽかで気持ちのよい一日でした(^▽^)/

s-IMG_0095.jpg
白雲岳方面の斜面は少しまばら。 

s-IMG_0118.jpg
黒岳の斜面はどこを見ても、真っ赤でとても美しかったです。

s-IMG_0091.jpg
ウラシマツツジは、ツツジ科の低木です。
岩礫などに低く根を張るので、草だと思われる方も多いみたい。
解りづらいですが、根が這っているのが解りますか?

s-IMG_0199_20151002142908dc6.jpg
イワウメの葉のぽこぽこの上のウラシマツツジ。
今年はイワウメの咲く時期に山に来られませんでした。
来年はもっと早くから行きたいな。

s-IMG_0194.jpg
こちらはチングルマの葉紅葉。
チングルマも真っ赤になるのですが、まだちょっと早かったみたい♪

s-IMG_0174.jpg
お鉢平展望台からお鉢の中を眺める♪

昔むかし 大雪山が活火山だったころ、大噴火を起こした爆裂火口に水が溜まって出来たカルデラ湖があったそうです。
そのカルデラの縁が層雲峡のところで亀裂が入り、水が抜けて出来たものが、このお鉢です^^
底には有毒ガスの出ている温泉があり、お鉢の中は立ち入りが禁止されています。
あたりは緑で美しいけれど、お鉢の中は火山特有の白や硫黄の色があったりでとても不思議なんです。

s-IMG_0223.jpg
お鉢平展望台のあたりもウラシマツツジがとても美しかったです。
ナキウサギちゃんの声もこだましていて、可愛い姿も見られました♪

s-IMG_0212.jpg
そして帰りの黒岳の斜面では、コレ♪
なんだかわかりますか???
エゾユキウサギのコロコロです^^
草食性のウサギちゃんなので、糞はコロコロして硬い。
臭いもありませんでした。
手と石の間に見えるものも、み~~んなウサちゃんのコロコロ♪
住んでいるんだな~って嬉しくなる発見でした\(^▽^)/

大雪山 黒岳ーお鉢平展望台
2015.09.15
スポンサーサイト

念願の空中散歩

ご縁をいただき、ずっと乗りたい乗りたい!と憧れていた熱気球!念願だった熱気球に乗せていただくことが出来ました!

2月7日、8日は北海道上士幌町で『上士幌ウインターバルーンミーティング』が行われました。
なんとその競技中の熱気球に乗せていただき、気球立ち上げや撤収もお手伝いさせていただくことが出来ました!!
(o^∇^o)ノ

s-IMG_5278.jpg
送風機で風を送って気球を膨らませて・・・

s-IMG_5290.jpg
ある程度膨らんだらバーナー点火!!
みるみるうちに気球が立ち上がっていきます。
立ち上がったら、「乗ってーー!」とのパイロットさんのお声で、搭乗。

「いってらっしゃ~い!」「頑張ってくださ~い!」とみなさんが手を振ってくれて。離陸!!
s-IMG_5306.jpg
ぐんぐん高度を上げていきま~す\(^▽^)/

s-IMG_5365.jpg
他の気球も次々と離陸して。

s-IMG_5384.jpg
私たちのバルーンの陰が♪

s-IMG_5340.jpg
この日は十勝晴れの快晴!
風もほとんどなく、とても穏やか。
地上はシバレていましたが、上空はフェーン現象だったのか、ぽっかぽか♪
本当に気持ちいいーーーー♪

s-IMG_5400.jpg
フクロウさんのバルーンや。

s-IMG_5405.jpg
色とりどりのバルーンが青空に♪
s-IMG_5422.jpg
このときは高度約700メートル。2000フィートくらいまで上昇しました♪
お家が小さく、車なんて豆粒\(^▽^)/

s-IMG_5398.jpg
最高の熱気球日和だーーー\(^▽^)/

s-IMG_5453.jpg
遠く、真ん中の平らな山達はクマネシリ山塊。

s-IMG_5430.jpg
これは東大雪の山達。
一番左はいつも登る大好きな東ヌプカウシヌプリ\(^▽^)/

s-IMG_5550.jpg
熱気球の左奥の山は雌阿寒岳と雄阿寒岳。
写真は小さくてぼんやりしていますが、すっきりと見通せました!

s-IMG_5531.jpg
かぼちゃの熱気球の右奥は日高山脈。
ぐるーーーーっと十勝平野を取り囲む山達が見えて、平野がずっと見通せて最高の景色!!!

そしてなんと、今回はゲストの私たちが競技中の熱気球に乗せていただけただけではなく!
旦那さんはターゲットにマーカーを投げる役割までもらってしまったんです\(^▽^)/
(私は写真を撮ってキャッキャしていただけ・・・笑)

s-IMG_5388.jpg
風を読んで飛んでいって、バッテン印のターゲットにマーカーという砂袋のついたリボンを投げます。
投げたマーカーとターゲットの距離が近ければ近いほど、高得点。

3投して、2投はターゲットから5メーター以内に投げることが出来たそう\(^▽^)/
競技を台無しにしなくてよかった!!!

競技を入れて1時間のフライト。
本当に穏やかで気持ちのよいフライトでした。
通勤中に、上士幌高校の熱気球部があげている熱気球を見たり、その他の場所で熱気球を見たりする度に、いつか乗ってみたいなぁ、素敵だなぁと思って居た熱気球。
今回、こんな素晴らしい機会があって、本当に本当に嬉しかった!
全然怖くなかったし、ずっと楽しい!楽しい!って小さな声で騒いでいた♪

お世話になったお友達であり熱気球パイロットの毛ひつじさん
大平原バルーンクラブのパイロット中津川さんと、スタッフのみなさま。
大変お世話になりました\(^▽^)/\(^▽^)/\(^▽^)/

また機会があったら乗ってみたい!
最高でした\(^▽^)/

『10年に一度の美しさ!』 紅葉の大雪 2014

2014年の今年は、大雪山系のお花が咲くのも早く、そして紅葉も例年よりも2週間ほど早く見頃を迎えているとのこと。
色々な方の登山の様子をブログなどで見るたび、絶対に行きたい!とソワソワしていました^^

そんな9月15日の祭日に、大雪山 銀泉台から赤岳、北海岳を通り、黒岳から下山する約13キロのロングルートを歩いてきました\(^▽^)/


 (ヤマレコ)時間とルートのみ


s-IMG_3769.jpg
今回は長くなるので、続きは追記に。
よろしればお付き合いください^^

------------------

黒岳-桂月岳 2014年8月16日 ♪

お盆休み期間の8月16日。
大雪山 黒岳に行ってきました♪
s-IMG_3219.jpg
朝一番のロープウエイとペアリフトに乗って。
いつものゆっくりペースで休み休み休み休み・・・(しつこい)、1時間45分で山頂\(^▽^)/

s-IMG_3228.jpg
山頂への最後の一歩を登ったら、大雪の山たちがど~~ん!!!!
あぁ、本当にいつもここからの景色は感動します。

s-DPP_63680.jpg
右は登っている間、ずっと綺麗に見えていた、ニセイカウシュッペ山や平山など、北大雪の山たち。

s-DPP_63677.jpg
右から、凌雲岳、北鎮岳、真ん中はお鉢で、北海岳も♪
ここからの景色 本当に大好き^^

s-DPP_63684.jpg
山頂でのんびりしていたら、もくもく~と雲があがってきました~。
早起きは三文の得といいますが、朝一番で来てよかった!
だって素晴らしい景色を堪能することが出来たんだから♪

さ~♪黒岳山頂を通り越して、黒岳石室へと下っていきましょ♪

お花の時期はほとんど終わっていましたが、終わったお花もとても綺麗なのが高山植物のよいところ♪
s-DPP_63689.jpg
黒岳山頂のシロサマニヨモギと、エゾツツジの種子(赤いつんつん♪)

s-DPP_63709.jpg
大好きなウラシマツツジはところによっては、もうすでに真っ赤!
実もなっていました♪

s-DPP_63705.jpg
緑から赤になりかけもとても綺麗!

s-DPP_63701.jpg
メアカンキンバイの葉には無数の水滴。
キラキラしてとても綺麗!

s-DPP_63692.jpg
また咲いていたエゾイワツメクサ。
礫地に咲く可憐な花です。

s-DPP_63738.jpg
残っていたイワギキョウ。

s-DPP_63735.jpg
こちらは満開だったミヤマリンドウ。
秋になりつつある大雪のお花畑の中でとても目を惹く色のお花。

s-DPP_62599.jpg
斜面にはまだチングルマも♪

s-IMG_3290.jpg
お花後のチングルマはほわほわの花輪くんヘア♪

s-IMG_3284.jpg
朱と緑のコントラストがウットリ♪・:*:・ ( ̄* )

s-IMG_3286.jpg
大好きなので、何枚も載せる~\(^▽^)/

s-DPP_63754.jpg
ここのアースハンモックには鮮やかな朱や、マッドな朱・・・ウラシマツツジの葉紅葉は本当に美しいです。


s-IMG_5197.jpg
 (iPhoneにて)
桂月岳は残念ながら雲の中でした。
ナキちゃんの鳴き声も聞こえていましたが、視界が悪くて探すことが出来ず。
でもカヤクグリの親子に会いました♪
s-DPP_63776.jpg
 (旦那さん EF100-400L)
右が(おそらく)チビッコ。羽をパタパタさせていました。

s-DPP_63789.jpg
 (旦那さん EF100-400L)
カヤクグリは地味な色合いの鳥ですが。高山に生息する鳥さんで、とても綺麗な声で囀ります。

岩の中から出てきたのは♪
s-DPP_63783.jpg
 (旦那さん EF100-400L)
ミソサザイ♪
ミソサザイは日本に住んでいる鳥さんの中でもっとも小さい種類の鳥。
チョコチョコと岩の間を行き来していました。

s-IMG_5199.jpg
 (iPhoneにて)
展望ないのは残念だけど、桂月岳から下山しましょっか♪

黒岳石室からの帰り道には、シマリス。
s-DPP_63793.jpg
 (旦那さん EF100-400L)
ちょこんとしてた♪


今年の黒岳はナキウサギの目撃が少ないようです。
石室の管理人さんたちも、「まだ今年は会っていないよ」って。
私たちもナキちゃんに会うことは出来ませんでした。
いつもいっぱい走り回っているシマリスも少なかったように思いました。
大自然の中で体一つで生きている動物たち。
自然の厳しさを感じます。

途中から雲の中で、視界も悪く、景色を楽しめたのはほんの少しでしたが、とっても楽しかった。
全然懲りないので、また行くんだ~\(^▽^)/

ぐるり散歩

北海道の三大秘湖の一つ、鹿追町の東雲湖へ行ってきました。
s-IMG_2902.jpg
東雲湖は、この正面の有名な「くちびる山」こと、天望山の左奥にあります。
ぐる~っと然別湖のふちをてくてく歩いて行くしかアクセスは出来ません。
片道約4.5キロ。往復9キロほど。

s-IMG_2893.jpg
大雪の山頂から始まった紅葉がどんどん麓におりてきて。
この辺りはダケカンバの黄葉がとても綺麗!

s-IMG_2854.jpg
高低差はないので、どんどん歩きます。

s-IMG_2861.jpg
森には、こんな実や。
 (ツルリンドウだそうです^^)

s-IMG_2863.jpg
こんな実が♪
宝石がいっぱい!!
 (ツバメオモトの実)

s-IMG_2864.jpg
フレッシュなゴゼンタチバナの葉紅葉。

s-IMG_2866.jpg
ふかふかの絨毯に赤。
緑と赤・・・どちらかだけだったら、パッと見ただけだったかもしれません。
どちらもとても素敵だった!

s-IMG_2885.jpg
マツの根元も苔やイソツツジなどがいっぱい。

s-IMG_2859.jpg
こちらは少し茶色くなってしまったゴゼンタチバナと緑の絨毯。
いつも名前が分からないのですが、見つけると可愛いので写してしまいます。
s-IMG_2892.jpg
来週末が見ごろかなと思っていましたが、ところどころ素晴らしい場所も!

s-IMG_2890.jpg
黄色やオレンジに混じった緑がとても好きです。


s-IMG_2872.jpg
1時間程訂正 1時間50分でした!で、東雲湖へ到着!

だ~れもいなぁい(*´∇`*)
静か~♪

s-IMG_2873.jpg
ナキちゃんを待ちながら、コーヒータイムです^^
残念ながらナキちゃんの姿は見えませんでしたが、ピチッと鳴いていました。


ミソサザイが鳴いていたり(姿は何度か・・・すばしこくて写真は撮れず)
アカゲラのペアが飛びまわっていたり、ミヤマカケスが何度か近くまで来て様子見していたり。
ウグイスもいました。
そろそろ帰る時期かな。

私たちが滞在中にいらっしゃったのは、ガイドさんと観光の方の集団と、単独の男性、若い男女のペアだけでした。
のんびりしてて、いいところだ~♪

s-IMG_2877.jpg
岩が苔に覆われている場所は、ひんやりしています。

s-IMG_2878.jpg
美人さん探ししながらも、のんびり。
3時間くらいほげほげしていました。


道中は小鳥たちが囀っていて。
帰り道にはエゾライチョウのペア♪
s-IMG_1832.jpg
 (旦那さん撮影 100-400)
私たちの帰る方向に進んでいて、一定の間隔を置いて歩いていました。
帰る道はそちらしかないので、可哀想に思いながらもついていって。
たまに立ち止まって耳を澄ますと、「カサカサ・・・カサカサ・・・」と、エゾライチョウの歩く音が聞こえてきました。
こういう自然の風や、音や香りを感じるのも、のんびりした森歩きならでは^^


s-IMG_2899.jpg
帰り道に、天望山と然別湖を木々の間からぱちり。

虫が苦手なので、夏は敬遠してしまう湖畔の森ですが、秋はダニーちゃんもいなくて少し安心。
地元からほど近い場所にこんなところがあったとは!と、楽しい発見が多かった一日でした^^


鹿追町 東雲湖


今回は、黒枠のものは、iPhoneアプリ『Kitcam』で撮りました。
暗いところは、緑が濃くちょっとおかしく写っていますが、紅葉はおおむね、見たままの色で写っていました^^


---------------------------
s-IMG_2876_201310071905582e9.jpg
残念に思ったのは、こんな岩があったこと。
1988年にいらっしゃった記念のつもりだったのかな。
この場所の唯一の汚点ですね。
『残していいのは、思い出だけ』!
NEXT≫
*こんな人*

なおなお

Author:なおなお
ナキウサギや高山植物に会いに大雪山へ。
シャチやクジラたちに会いに海へ。
エゾモモンガや鳥たちに会いに森へ。
休日は大好きなもの達をいつも追いかけています。

コメントはどうぞお気軽に♪
コメントくださるととても励みになります♪

***********************

大切に撮った写真たちです。
当ブログに掲載されている写真・画像・イラストの無断複写、転用等の利用・使用はしないでください。

使用許可やご意見・ご要望は、下記メール

naonao.kisskiss@gmail.com

にご連絡ください。

***********************

*こよみ*
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
*最新記事*
*コメントありがとう*
*リンクありがとう*
*記事の種類*
*使用機材別*
*月別記事一覧*
*お問い合わせ*

名前:
メール:
件名:
本文:

*記事内検索*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。