紅葉登山 2013

秋晴れの連休最終日。
大雪山 黒岳に行ってきましたー\(^▽^)/

s-IMG_1327----.jpg
えっちらおっちら普通の人の倍の時間かかって山頂に到着ー!

s-IMG_1325--.jpg
雲一つない快晴!!!
そして前日とは打って変わって、無風ー\(^▽^)/
ぽかぽかだ~♪

s-IMG_1330---1.jpg
秋晴れのこの日。
ロープウエイの始発に乗れなかったので、2便目だったのですが。
すでに山頂にはたっくさんの人。
山頂に長居は無用♪
ポン黒岳に下りますかね♪

s-DPP_39098.jpg
 (70-200mmで撮りました)
山頂から黒岳石室までの間、シマリスちゃんがたくさんいました。

s-IMG_1344----.jpg
びゅーてぃふぉ~(*´ェ`*)
このあたりの登山道横の岩に腰掛けてナキちゃんを待ってみます。

s-IMG_1731---1.jpg
 (70-200mmで撮りました)
あ♪ いたいたぁ♪

s-IMG_1748---.jpg
 (旦那さんが100-400mmで撮りました)
今年の大雪山系はナキウサギちゃんの目撃情報があまりなく、みなさん口々に「今年は少ない!」「ナキウサギがいなくなった!」とおっしゃいます。
心配していたけど。
よかった。少なくはなっているかもしれないけど、会えた♪

s----.jpg
 (旦那さんが100-400mmで撮りました)
もう少し石室方面に下ってまた腰掛けて待っていたら。
このコ、あんまり鳴かない~^^

不意に旦那さんのすぐ目の前に出てきて。
s-IMG_1779---.jpg
 (旦那さんが100-400mmで撮りました)
ぴょん!

s-IMG_1783---.jpg
 (旦那さんが100-400mmで撮りました)
少しのんびりもしてくれました(*^-^)

s-IMG_1435.jpg
 この日の朝、霜が降りて葉紅葉も褪せてしまっているところがいっぱい!
黒岳への登りでお話したおじさん曰く、「昨日が一番綺麗だったよ」とのこと。
でもハイマツの陰は少し残っていて。
チングルマの葉紅葉も♪

s-IMG_1720---1.jpg
 (旦那さんが100-400mmで撮りました)
ウラシマツツジの上のナキちゃん。

s-DPP_38966---.jpg
 (70-200mmで撮りました)
ナキちゃんよりもシマリスちゃんの方が活発に走り回っていました。
ちょこんと警戒のポーズ!

s-DPP_39139.jpg
 (70-200mmで撮りました)
ほっぺたぽんぽこりん♪


s-IMG_2770.jpg
帰る準備をしてザックを背負ったら、雲がサ~ッと沸いてきました。
ザックを下ろすのが面倒だったので、iPhoneでぱちり。

本当に今日来てよかった!と思いました\(^▽^)/

週末なかなかお天気がよくならなくて、ずーーーーっと8月から登山に行けなかったけど。
よい連休になりました♪
大雪山、大好きーーヾ(=^▽^=)ノ

s-IMG_2760.jpg
お昼は黒岳石室の前のベンチでお湯を沸かして「ブタメン」♪
小さいサイズでちょうどいいのです♪
おやつ食べて、コーヒーも入れてのんびり出来ました♪

ただ、いつも石室の前で休んでいると気になることがあります。
黒岳石室にはバイオトイレがあり、使用する人は協力金として入り口に備え付けられた協力金入れに200円を入れることになっています。
でもいつも見ていると10人に1人か2人くらいしか入れていません。
みなさん張り紙を見ていないのか、入れる気がないのか・・・。

山の上のこのような場所にトイレットペーパーが備え付けられているトイレがあるって、素晴らしいことではないですか??
以前聞いた話によると、協力金を支払う人は全体の40パーセントにもみたない程度なんだそうです・・・。
バイオトイレのおが屑の入れ替えや清掃などは、地元のボランティアの方や観光協会の方、環境省などが行っているそうです。
そしてその汚れたおが屑を麓にヘリコプターで運んで・・・。
年間、このトイレの維持に200万円以上掛かるそうです。

この素晴らしい施設がこれからもずっと利用出来るように、もしこのブログを見てくださっている方の中に「協力金なんて払ったことがなかった!」という方がいらっしゃったら、ぜひ次回は支払ってくださいね。
私はいつも多めに、500円入れています!

参考(山のトイレを考える会より)
黒岳バイオトイレ協力金のお願い




s-IMG_2745.jpg
もう一ついつも気になっていることがあります。
たっくさんの人がひっきりなしに登ってきて、時には渋滞になってしまうようなそんな登山道でも、チリンチリンガランガランと多くの方が熊鈴をうるさく鳴らしていらっしゃることです。

「ナキウサギ待ちですか~?」チリンチリン・・・。
「ナキウサギいますかー?」ガランガラン・・・。
静かに動物待ちをしていて、それを分かっていらっしゃるのに、熊鈴・・・。
(もちろん気を使って、「うるさいでしょう?」などと静かに話しかけてくださった女性や、静かに一緒に観察させていただいた男性もいらっしゃいました^^)

この秋の連休のような、どうみても野生動物よりも人間の多い状況で、熊さんがこんにちはするとは思えず・・・。
せっかく山の美しい景色や空気を味わいに来ているのに、熊鈴がうるさくて頭が痛くなります。

私は熊鈴はこのようにつけていないか、必要ない時はネジを捻り、チリンチリンと鳴らないギミックのあるものを使っています。
熊鈴が絶対悪だとは思っておりません。
閑散期や熊の多い場所での少人数の登山では私も鳴らします。
だだ、今回は何百人も列なしてくる方がいるのに、そんなに熊鈴は必要なのかと言っているのです。
また、登山に必ず熊鈴を携帯するルールはありません。
しかし北海道の多くの山は熊さんのお家。大雪山は神々(キムンカムイ=熊さんたち)の遊ぶ庭。
熊鈴ではなくても掛け声を掛けたり、鳴りものを鳴らしたり、もちろん鈴をつけたりも必要です。

状況に合わせた装備や、配慮は必要なのではないのかなと思います。

山は私のものではありません。
でも、誰かのものでもありません。
お互いに気持ちよく歩けるような、そんな配慮をしたいものですね^^
*こんな人*

なおなお

Author:なおなお
ナキウサギや高山植物に会いに大雪山へ。
シャチやクジラたちに会いに海へ。
エゾモモンガや鳥たちに会いに森へ。
休日は大好きなもの達をいつも追いかけています。

コメントはどうぞお気軽に♪
コメントくださるととても励みになります♪

***********************

大切に撮った写真たちです。
当ブログに掲載されている写真・画像・イラストの無断複写、転用等の利用・使用はしないでください。

使用許可やご意見・ご要望は、下記メール

naonao.kisskiss@gmail.com

にご連絡ください。

***********************

*こよみ*
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
*最新記事*
*コメントありがとう*
*リンクありがとう*
*記事の種類*
*使用機材別*
*月別記事一覧*
*お問い合わせ*

名前:
メール:
件名:
本文:

*記事内検索*