スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 カナダ旅行 その11

s-IMG_2193.jpg
バンクーバー国際空港に来ました。

s-IMG_2194.jpg
今回ご一緒した方はみなさん、すごく旅慣れた方たちで、誰~れも空港の写真など撮りません。
私はどうしても撮っておきたくて、立ち止まって撮っていたら、どんどん置いて行かれた~(笑)

s-IMG_9283.jpg
旦那さんにも置いていかれた~(笑)

まずは、チェックインです。
s-IMG_2196.jpg


s-IMG_2197.jpg
エアカナダの係の人はとても親切でフレンドリー。
荷物を秤になっているコンベアに乗せて、重さを量っていきます。
国際線のエコノミーはスーツケース1コが23キロまで。
たくさんお土産を買ったので、大丈夫かなと思ったら。
1コは16キロ。もう1コは21キロで余裕でした♪

s-IMG_2202.jpg

もうしばらく見おさめだなーってキョロキョロしていたら。
「Wooow!!」と大きな声で見ると、間違って係の人がコンベアに自分も乗っているときに、GOのスイッチを触ってしまって焦っていたのでした(笑)
「危なく私も荷物になって飛行機に乗るところだったわ~。アハハ!とても焦ったわ~!」というような会話があって、ハプニングもとても微笑ましくて。
私の順が来て、航空券のeチケットとパスポートを渡して、発券してもらい、「サヨナラ!」と^^

その後、まだ搭乗まで時間が十分にあった(国際線のチェックインは通常 2時間前が鉄則です)ので、セキュリティチェック前のエリアの散策♪
添乗員さんが気を遣ってくださって、「バンクーバー国際空港にはシャチがいます!」とのことで、シャチウォッチングに。

s-IMG_2201.jpg
どうですか?この微妙な表情のシャチはっっ(笑)

前日に、添乗員さんにネイティブアートが欲しいと伝えてあったので、ネイティブアートのショップにも寄りました。
s-IMG_2595.jpg
この小さいトーテムポールのオブジェに一目ぼれ。
上がオルカ(シャチ)で、下がレイブン(ワタリガラス)なんです(*´∇`*)
もう一つはオルカのワインキャップ


s-DPP_28981.jpg
ネイティブアートのショップのすぐ横には、こんな大きなオブジェがあります。
カナダの先住民 クイーンシャーロット島に住むハイダ族出身のBill Reid(ビル・リード)の作品です。

s-DPP_28979.jpg
『The Spirit of Haida Gwaii 』を少しアップで。
13コのモチーフが翡翠色のカヌーに乗っています。
この像はカナダの20ドル紙幣にもプリントされています。

北海道のアイヌの人がシャチのことを『沖の神』と敬ったように、ハイダ族もまた、シャチを亡くなった人の化身としてとても敬ってきました。

ビル・リードの作品でもう一つどうしても見たかったバンクーバー水族館の入り口にあるシャチのオブジェ『
Chief of the Undersea World』は、今回は見ることは叶いませんでした。
次回こそ!


さて、いよいよセキュリティチェックです。
今回はポッケに携帯を入れっぱなしにしてゲートをくぐらないよに注意して・・・
検査官にパスポートと航空券を渡して、手荷物をトレーに手早く乗せて行きます。
靴を脱いでいる人もいましたが、私も旦那さんも大丈夫でした♪

すんなりパスして。
免税店エリアに。

お土産にスモークサーモンや、アイスワインや、キャンディを買いました。

このエリアにもたくさんのオブジェが。
s-IMG_2205.jpg
これはレイブンかな?

s-IMG_2206.jpg
ファーストネイションの女性とサーモン。

こういう一つ一つが、本当に素敵です。
ベンチに腰掛けて見ていたら、帰りたくない気持ちになってきます。

s-IMG_2211.jpg

私のスーツケースも積みこまれているかな。
帰りたくないと言っても、やはり帰らないとダメなわけで・・・

s-IMG_2209.jpg

搭乗となりました。
私の前にはドイツ系のカップルが。

s-DPP_28985.jpg
『Tokyo』や、『Atami』などのガイドブックで色々調べていました。
そっか~、私は帰るけど、これから日本に行くのが楽しみな人もいるんだものね。

s-DPP_28984.jpg
バンクーバーアイランドの、ちょうどナナイモあたり。
あまりに美しくて・・・また涙目・・・(´;ェ;`)

s-DPP_28987.jpg
綺麗・・・(´;ェ;`)

s-DPP_28991.jpg
ちょうどテレグラフコーヴの上空かな。
今すぐ飛び降りたいのに・・・(´;ェ;`)

アンカレッジを過ぎたころ、機内食が出ます。
s-IMG_2215.jpg
私は相変わらずチキン。
パンがとても美味しくて。
ギュッと噛みしめるタイプのパンですが、私の好みだったので旦那さんに分まで奪い取りました♪
デザートがすごーく甘かったので、食べられなかった・・・。

s-IMG_2266.jpg
旦那さんはビーフ。

s-IMG_2220.jpg
あーーー・・・どんどん日本に向かってるー。(当たり前)

この日のフライトは席に余裕があったので、飛行機のドアが閉まって誰ももう乗りこんで来ないことを確認して、旦那さんは真ん中の4人並びのシートに移りました。
私はもとのシートと、旦那さんの席だったところ2つを使って足を少し伸ばしたりしました。
エコノミーの席は本当に狭いので、少し足を伸ばせるだけでも全然違います!
旦那さんは4つを使ってごろ寝してた(笑)

s-IMG_2217.jpg
択捉島沖あたりまで来ました^^
日本到着2時間くらい前にはまた食事が配られます。
s-IMG_2219.jpg
いつもはすごい食欲ですが、何だか胸がいっぱいで、全部食べられなかった・・・
キャビンアテンダントさんに「残しちゃった、ごめん」って言ったら、「問題ないよ。カートがいっぱい!また戻って来るわ」って。

旦那さんはペンネ。
s-IMG_2267.jpg

エアカナダのCAさんは、素っ気ないとか、サービスが悪いなんて書いてあるサイトも見かけましたが、私にはちょうどよいサービスで、とてもよかったです。
その後の成田-新千歳までのフライトの方が、あまりにも丁寧で恐縮しちゃったくらいにして・・・。
エアカナダだけじゃなくて、カナダのお店やカフェやレストランも、店員さん同士がみな楽しそうにおしゃべりしています。
そんな中に、会計するべく「Hi!」って挨拶したら、「Hi! How are you today?」などと話しかけられます。
お客様は神様じゃなくて、店員さんもお客さんもみんな一人の人。
こういう文化って、いいな。

s-IMG_2221.jpg
とうとう、日本に戻ってきてもぉたあ~!(つд⊂)

s-IMG_2222.jpg
「おかえりなさい」 ただいまぁああo(;△;)o ←往生際が悪い

s-IMG_2223.jpg
スーツケースを受け取り、ツアーはここで解散。
本当に今回、㈱ismさんにはお世話になりました。
たくさん魅力的なツアーをしていますので、みなさんもぜひismさんをご利用ください。
初めの相談のメールから親切で、とても素早く答えてくださり、本当にお世話になれてよかったし、楽しかったです。


私たちはこれから新千歳空港に向けてフライトがあります。
もうひと踏ん張り!
まずは国内線チェックイン。
もう今回の旅行で5便も飛行機に乗って、これで6便目。

s-IMG_2224.jpg
慣れたようなふりをして並びます~。
重いスーツケースを預けて、手荷物のカメラやレンズ(13キロくらいあった!)をコインロッカーに預けて。
フライトは20時なので、ターミナルで遊びます。
機内食は残してしまったけど、何か食べたくなって、お蕎麦に。
やっぱり胸いっぱいでたくさん食べられなかったけど・・・「日本だな~」って実感しました^^

帰りの新千歳着の便は搭乗してからすごく待たされて、大幅に遅れました。
疲れた体には非常に辛かった><

s-IMG_2234.jpg
やっと北海道に到着ーーー!!

私たちはここ新千歳空港からさらに3時間半かけて十勝へと帰ります。
高速道路が途中 工事で通行止めだったり、旦那さんが疲れて運転が辛かったりしましたが、無事に帰宅出来ました。


もっといっぱいいっぱい写真を撮ろうと思ったのですが、何故か全然撮っていませんでした。
でも、こうやって振り返ってもすぐにパッと思い出せるくらい、たくさんの素敵な風景、素敵なもの、素敵な人たち、素敵な動物を見てきました。

本当に本当に楽しかった!!!
「わざわざカナダまで行って、結局シャチに会えなかったじゃない」って、それは事実ですが、皮肉めいたことを言われたりもしました。
会えなかったのは私やツアーの人たちに運がなかったんだと思います。
でも、それが自然^^
悲しい気持ちはありますが、そういうのが我慢出来ないのなら、サンディエゴのシーワールドや、鴨川シーワールドに行けばいいんだもんね。
(*´∇`*)b


約1週間の休みをくれた社長と社長夫人、居ない間の仕事をちゃんとしていてくれた会社の人たち。
旦那さんの職場の方たち。
祖母や父や母。
お餞別をくれたお友達。
家族であるウサギのモカさんを快く面倒見てくれた義父と義母。
メッセージやメールで色々教えてくれたお友達。
バンクーバーのyokoさん。
資料を送ってくださった、まともさん。

成田まで見送りに来てくれた じょーさん、Yちゃん、saiさん。
saiさんにはスーツケースまでお借りしました。

みなさんの協力があって、私たちは楽しく旅行に行けました。
ありがとうございました。


またきっと、出来たら2年後、カナダを訪れたいと思います。
それまでまた色々頑張るぞっ!

長々とカナダ旅行の日記をみてくださり、ありがとうございました。

スポンサーサイト

2013 カナダ旅行 その10

カナダ滞在中は、パケット料がたくさん掛かるので携帯電話はずっと機内モードにしていました。
持参していたパソコンもモバイルサービスはなし。
テレグラフコーヴでは、24時間で5ドルのWi-Fiサービスを利用してインターネットをしました。
日中は船でウォッチングをしているので24時間いっぱいは有効利用出来ないのと、テレグラフコーブは周囲を山に囲まれている入江の中のリゾート。
電波状況はとても悪かった。
なので結果的に5ドルはお財布に優しい嬉しい金額でした。

バンクーバーで泊ったクオリティホテルは宿泊者には無料でWi-Fiサービスがありました。
カナダはフリーWi-Fiのカフェやレストランや本屋さんやスーパーなどが本当に多くあります。
日本では携帯会社のデータ通信サービスを利用していないととても不便ですが、カナダはフリーWi-Fiの店舗を利用した場合、店員さんにインターネットのセキュリティキーを貰えばOK。
なので、不便は全く感じませんでした。


今回、バンクーバーで楽しみにしていたのは、バンクーバーにお住まいのお友達yokoさんにお会いすることでした♪
ホテルに帰って、yokoさんと連絡を取り、「車でダウンタウンを案内しますよ~」のお言葉に甘えることに(*´∇`*)
ホテルに迎えに来ていただいて、yokoさんの旦那さまの運転する車で出発ー!

s-DPP_28963.jpg
カナダプレイスに連れてきていただきました~♪

カナダプレイスはBurrard Inlet (バラードインレット) にあり、Pan Pacific Hotelやコンベンションセンターが建っていて、クルーズ船のターミナルでもあります。
ヨットの帆の形なので、カナダに行ったことがなくても、たとえばバンクーバーオリンピックなどの映像で知っている方もいらっしゃるでしょうか。

s-DPP_28958.jpg
まだ薄ら明るい♪


s-DPP_28959.jpg
この明るい建物はコンベンションセンターです。





s-DSC_4497.jpg
 yokoさんが撮ってくださった写真(*´∇`*) 

s-DSC_4501.jpg
 yokoさん撮影

s-DSC_4508.jpg
 yokoさん撮影

s-DSC_4505.jpg
 yokoさん撮影
私、くの字だー\(^▽^)/笑


s-DPP_28973.jpg
ぐる~っとカナダプレイスの建物の周りを歩いて。
ずーーっと行きたかった場所に案内していただくことに♪
カナダプレイスから10分くらいだったかな。
てくてく歩いて移動します。

バンクーバーオリンピックの聖火台があったすぐ横のコンベンションセンターの敷地にお目当てはありました!

s-DPP_28974.jpg
シャチーーーーーーーー♪♪

あれ??でも、警備員さんがいて、近づけない・・・。
コンベンションセンターからはイベント出席者と思われるドレスアップした人や関係者の方と思われる人がぞろぞろ出てくる。
でも、肝心のオブジェに近づけない・・・(´;ェ;`)
yokoさんが、警備員さんに英語で近くに行きたいんだけどと話しかけてくださったのですが、「今日はダメだけど、明日はいいよ」の一点張り(´;ェ;`)ウゥ
明日は朝から移動だから来られない・・・。
どうしてもダメですか?と聞いてもらったら、「(監視)カメラがあるんだよ」とのこと・・・。
遠くから眺めるだけになってしまいました。
すごく楽しみにしていたのに、残念(´;ェ;`)

s-DSC_4511.jpg
 yokoさん撮影
名残惜しくて、なかなか離れられなかった・・・


その後、イングリッシュベイに案内していただき、yokoさんの旦那さま(カナダの方です)の「ソレカラ??」で、カナダに行ったら行きたい!と思っていた、Tim Hortonsに連れて行っていただきましたー♪

s-DPP_28978.jpg
Tim Hortonsはカナダのドーナツショップ。
日本のミスタードーナツのようなお店です。
せっかくカナダに行ったんだもの、カナダのお店、カナダ発祥のもの、カナダしかない食べ物などが食べたいと思っていました。
大満足(o ̄ー ̄o)

s-IMG_2176.jpg
yokoさんと旦那さまとのおしゃべりがとても楽しくて。
ずっと続けばいいのになぁと思いました。
「シャチに会えなかったのです」と言うと、お二人ともとても残念に思ってくださって。
旦那さまは、「せっかくカナダに来たのに・・・ゴメンネ(カタコトの日本語)」と^^
そんな言葉を掛けてくださるのも、本当に気持ちの優しいカナダの人なんだなぁと思いました。

yokoさんとはずっとTwitterやメールでやり取りさせていただいていたので、私がずーーーっとシャチシャチ言う シャチ狂いだというのをご存じだったのでした^^

s-IMG_2236.jpg
こんな素敵なお土産をいただいたー(*´∇`*)
メモパッドとボールペンとシャチのショットグラス♪

そしてyokoさんとお話している間にスッと旦那さまが席を立って居なくなったぞ?と思ったら。
s-IMG_2178.jpg
こんな嬉しいお土産まで!!!
ミニサイズのドーナツがたくさん入ったティムビッツ♪
お二人の優しさに、本当に泣きそうになってしまいました。


今度行くときは、最低でもバンクーバー市内に2泊したいです!!
今回行かなかったけど、キツラノも、ガスタウンも、ノースバンクーバーもイエルタウンも・・・他にも行きたいところがいっぱい!!!
半日では全然足りない!
2~3カ月滞在したいくらい!!!
・・・英語は出来ませんが・・・(-ω-;)

夜も遅くなったので(このときで0:30くらいだったかな)
その後はホテルまで送っていただきました。
本当に本当に楽しかった!!

yokoさん、旦那さま、本当にありがとうございましたーーーーヽ(=´▽`=)ノ


ホテルに帰ってからは顔を洗ってサッとシャワーをして寝ました。
寝るのももったいなく感じました。


朝、すっきり目覚めて、コーヒーを入れて。
s-IMG_2187.jpg
1つドーナツを食べてからお顔を塗りぬり。

この日はホテルの朝食をいだたきました。
s-IMG_2189.jpg
ごく一般的なカナダのブレックファーストでした。

パンにつけるスプレッド類もたくさん。
s-IMG_2188.jpg
美味しかったー(*´∇`*)


ただ、今回の旅行で本当に残念だったのは、ツアー参加者の中に、「これは好みではない」とか、「こんなに食べられない」とか「カップラーメン持ってくればよかった!」とか話す方がいらっしゃったことです・・・。
私たちは初めての海外旅行で、何年も前からとてもとてもカナダ旅行を楽しみにしていました。
同席される方に食事を楽しめない方がいると、私も食事が楽しくない・・・。
この日のブレックファーストは食事量の少ない方が、私たちが食べ終わるのをじーっと待っていらっしゃることもあり、楽しくないしゆっくり出来ない落ち着かない時間でした・・・。

ちなみにテレグラフコーヴでは、毎回うちの母くらいの年齢のとても親切な女性と食事をしました。
この方は英語も堪能で、食事もとても楽しんでいらっしゃって、「美味しいわね」とか、「そちらも美味しそうね!」と会話も弾み、「娘や息子みたい!」と言ってくださり 私たちの分まで代金を払ってくださって(本当に嬉しかったです、ありがとうございました) とても美味しく楽しいディナータイムでした。 

もし今度行くなら、気の合うシャチ好きのお友達と行ったり、英語をもっと真剣に学んで夫婦二人旅の方が絶対に楽しめるなと思いました。


s-IMG_2183.jpg
今日もいいお天気になりそうだね~♪

s-IMG_2186.jpg
朝食のあとは、慌ただしくチェックアウトです。
添乗員さんがチェックアウトの手続きをしてくれて、ポーターがスーツケースを部屋から出してくださり、バンクーバー空港までのシャトルバスに積みこんでくれます。
数を確認して、出発!

もう、本当にこれでカナダともお別れなんだ・・・そう思ったらとても悲しかったです。
でもカナダ滞在1日目から、「また絶対に来たい! ここに必ず戻ってくるんだ!」との思いがありました。
「今回はどんな場所かの下見に来たと思えばいいでしょ」と旦那さん。
その下見で、シャチの次に大好きなザトウクジラにたくさん会えて、カワウソやミンクやリスに会えて、たくさんの鳥がいて、お土産いっぱい買って、バンクーバー市内を散策して・・・
こんなに楽しい旅行はないよね!

そんなことを車窓の風景をぼ~っと眺めながら考えていました。


(カナダ旅行の日記は次回で最後です)

2013 カナダ旅行 その9

タクシーでバンクーバー国際空港 サウスターミナルから市内に移動してきました。

今回泊るホテルは『クオリティーホテル バンクーバー』です。
s-IMG_2174.jpg


添乗員さんがチェックインしてくれて、荷物はポーターが運んでくれて楽々♪
カナダはチップを払う習慣のある国なので、チップを払おうと思ったのですが、今回はチップが旅行代金に含まれているとのことで、ポーターには添乗員さんがまとめて支払ってくれました。
(お部屋を出るときには、サイドテーブルにベッドメイクさん用にチップを置きました)

s-DPP_28896.jpg
とっても綺麗ーーー!!!

窓からはグランビルブリッジに続く道が見えた♪
s-DPP_28901.jpg
お向かいのビルは建設中~。

s-DPP_28897.jpg
1泊ですが、タオルやアメニティは十分な量がありました。
お部屋に冷蔵庫はありませんでしたが、コーヒーメーカーと粉やコップ類は備え付けされていて自由にコーヒーを入れることが出来ました。
テレグラフコーヴでもそうでしたが、カナダの宿泊施設には歯ブラシがないです。
タオル類はふかふかのものが用意されていますが、これから行かれる方は歯ブラシをご持参ください^^
私は事前にお友達から聞いていたので、しっかり持っていきました。


添乗員さんがロブソンストリートまで案内してくれるとのことで、ホテルから歩いて行くことに♪
こちらのホテルはグランビルアイランドに行くにはとっても近い(橋を渡ってすぐ!!)の立地のよい場所で、ダウンタウンに行くのも、ロブソンストリートに行くのも歩けば無理なく行ける距離♪

それでは、しゅっぱーーーつ!!
s-IMG_2171.jpg


バンクーバーも私の生まれ故郷や札幌市と一緒で街が碁盤の目になっていて分かりやすかったです。
「ここが○○ストリートです」とかお話しながら進みます。

s-IMG_2138.jpg
途中、日本人の方が始めてHITした『ジャパドック(JAPADOG)』のホットドッグスタンドが♪

バンクーバーは高層ビルがいっぱいなのに、街中に緑がいっぱい!!!
視界の中には必ず緑が。
s-IMG_2146.jpg

郵便ポストもおしゃれ~(*/∇\*)キャ
s-IMG_2147.jpg


バンクーバーの中でも観光の方がたくさん訪れるロブソンストリートに到着。
喉も渇いたので、行きたかったカナダのコーヒーショップ 『BLENZ』に寄ってもらいました♪
s-IMG_2141.jpg
BLENZは、日本にも青山や横浜みなとみらいにも店舗があります。
少し苦味のあるローストコーヒーがとっても美味しかった♪
カタコト英語でもちゃんと注文出来ました♪

s-IMG_2140.jpg
これはバンクーバーを本拠地にするホッケーチーム『バンクーバー カナックス』のショップ。
カナックスはマスコットキャラクターがシャチなのです(*´∇`*)

ここで添乗員さんとお別れして、私たちはバードウォッチングをしにスタンレーパークに行くことにしました。
旦那さんのバックパックには望遠レンズ入り♪

s-IMG_2151.jpg
こんな高層ビルと大きな公園が隣接している・・・
本当にすごいなと思いました。
そして規模は違うけれど、街のすぐ近くには大きな公園があったり、緑がたくさん植えられていて、青空。
何だか北海道の札幌に似ているような気がしました。

s-IMG_2148.jpg
公園からはノースバンクーバーの山が見えます。
いちいちすべてに感動してしまいます。

s-DPP_28911.jpg
公園内にはたくさんの湖や池が。
ここはロストラグーン。
カナダグースがいっぱいいた♪


ビジターセンターでもらった公園内の地図を見て、私たちはビーバーレイクに行くことにしました。

s-DPP_32888.jpg
途中、リスが!
すばしっこくて全然撮れなかったー(´;ェ;`)ウゥ
とっても暑くて日差しも強く、ベンチでちょっと休憩していたら、私たちの方をしきりに見て「見て!すごいカメラね~」みたいなことを話していたカップルがいました。

s-IMG_0242.jpg
Devonian Harbour Parkから、Coal Harbourを・・・
本当にどこも美しかった。

s-IMG_0626_201308242031525c9.jpg
てくてく。

s-IMG_3745.jpg
てくてくてく。

s-DPP_28915_20130824203156156.jpg
ここはロブソンストリートの終点から歩いて10分くらい。

s-DPP_28912.jpg
都会のすぐ横の公園に樹齢何百年の、こんなすごい森が広がっていました!
幹の大きさは大人が何人かで手を繋がないと手を廻せないほど・・・
高さは40メートルから50メートルはあったかな・・・
すごい大きな樹がいっぱい!!!

s-DPP_28925.jpg
ん??
リスーーーヽ(=´▽`=)ノ

s-DPP_28939.jpg
こちらはDouglas' squirrel

s-DPP_32889.jpg
このコは、Western gray squirrel
黒っぽくて、茶色のコよりも大きかった。
エゾリスくらいの大きさ^^

s-DPP_32894.jpg
餌づけされているのかな?
小さな橋の欄干に樹の実がありました。


ビーバーレイクまで地図を見たら簡単に歩けるだろうと思ったら。
あれ?こっち? あれれ??あっち?と少し迷って大周りしてしまった・・・
地図があまりにも大雑把すぎるんだよー(つд⊂)

やっと到着!!
s-DPP_28947_20130824203934f6d.jpg

s-DPP_28948.jpg

あ!!!!アメリカオシ!!!
s-DPP_32911.jpg


このコは?
s-DPP_32957.jpg
Red-Winged Blackbird

s-DPP_32917.jpg
Cedar Waxwing


s-DPP_32926_20130824204110002.jpg
Song Sparrow


コウモリのお家のある樹もありました^^
s-DPP_28945_20130824204455442.jpg
解りづらいかな。

この時点で夕方の5時くらい。
まだまだ明るいけれど、徒歩だからそろそろ戻らなきゃ。

ロブソンストリートに向かう途中には。
s-IMG_2161.jpg
あ♪またいた♪
これはiPhone で撮りました。
全然逃げな~い(*´∇`*)


バンクーバーにはセブンイレブンもありました!
北海道では有名な旭川ラーメンの山頭火も、ラーメンさんぱちも!

「次はどこに行くの?」と聞く旦那さんに本屋さんに行くのだと告げる・・・。
前もって場所はちゃんと調べておいたので、順調に行きました。
s-IMG_2167.jpg
Chapters
クジラやシャチの本が欲しくって♪

どうしても欲しい本が見つからなくて、検索出来るパソコンを見たり行ったり来たりしていたら、店員さんが来てくれて。
「困っているの?」と聞かれたので、「(画面を差して)これが欲しいの」と言うと、棚まで案内してくれました^^
でも、これは厚いからいいかな・・・と買わなかったカナダや北米に住む哺乳類の図鑑や、野鳥の本。
買ってくればよかったああああー!と今も大後悔しています・・・。
また行ったら絶対絶対に買ってくる(´;ェ;`)

s-DPP_28954.jpg
本屋さんの斜め前のバンクーバー アートギャラリー前にはストリートパフォーマーがたくさん。
フードスタンドもあり賑わっていました。

本屋さんからの帰りはグランビルストリートを歩きました。
イベントをしていて、この日はリオのカーニバルの衣装を身にまとったすっごい美人たちが撮影に応じていたり、フードテントがたくさん。
カナダは歩きながらお酒を飲んだり、公共の場所でお酒を飲むことが法律で禁止されています。
フードテントのすぐ横には、柵で囲った中に椅子やテーブルを置いてあって、そこでは飲食が出来るようでした。

ちょっとした飲み物やデザートや夜ご飯を買おうとグランビルストリートからバラードストリートへ。
MarketPlace(マーケットプレイス)』というちょっと高級なスーパーに寄りました。

s-IMG_2168.jpg
デザートがいっぱい!!!
量もすごい!!

パイナップルとクランベリージュースとコーラとミネラルウォーターを買いました♪

バラードストリートをずっと歩いて、途中からデビーストリートへ。
デビーストリートからハウストリートを通ってホテルに帰りました。
s-IMG_2182.jpg
やっと一休み~♪

ホテルに到着したのが9時くらい。
いっぱい歩いたーヽ(=´▽`=)ノ
アスファルトの上だから、ちょっと足が痛くなりました。

(しつこくカナダ旅行続きます)

2013 カナダ旅行 その8

いよいよTelegraph coveからVancouverに移動する日となりました。
s-DPP_28855.jpg
寝ていられなくて、早起きしてリゾート内を散策しました。

s-DPP_28833.jpg
この雰囲気、好きだな~・・・

s-DPP_28863.jpg
毎日通ったKiller Whale cafe。
ハリバットもサーモンも本当に美味しかった!
入り口はシャチのステンドグラス♪そして屋根には風見シャチ♪
このリゾートは本当にいろいろなところがシャチでいっぱいなのですー♪


朝食はこの日もSeahose cafeで。
私はホットドックとブレンドコーヒー
s-IMG_2330.jpg

旦那さんはBlack Forest Ham&Egg&Cheeseのベーグルサンドと同じくコーヒーでした。
s-IMG_9637.jpg


朝食が終わって荷づくりして積み込むだけになったスーツケースを取りにキャビンに戻ったら、添乗員さんから「シャチが見られなかったので、よろしければVancouverの少し南にあるStevestonから出ているオルカウォッチングを手配します」と説明を受けました。
バンクーバー市近辺の南のレジデントは今年好調なので私たちは断る理由はありませんでした。

s-DPP_28873.jpg
バイバイ!また絶対に来るからね!!

s-IMG_3627.jpg
チェックアウトを済ませ、タクシーに乗り込みます!
この日のタクシーはホンダのオデッセイでした。
目的地はPort Hardy。
タクシーで小一時間の場所です。
カナダは右側通行。
そして日本では安全運転のイメージのタクシーは、驚くくらいにビュンビュンと飛ばします~。


ボンネットトラックや、日本で走っているよりもっと長いシャーシのトレーラーや、キャンピンクトレーラーなど・・・
見ていて飽きません。

45分くらいでPort Hardy Air portに着いたー(*´∇`*)ノ
s-DPP_28876.jpg


Vancouverへのフライト時間まで1時間ほどあったので、空港内でのんびりします。
s-DPP_28883.jpg
左の旗は言わずもがなのカナダ国旗。真ん中はブリティッシュ・コロンビア州の州旗です。

外に出てみると、駐車場内が日本車だらけ!
フォレスターやレガシー、カローラやシビックもありました♪
遠くにはハクトウワシが飛んでいて。
ツバメさんもビュンビュン♪
小鳥さんもさえずっていました。
のどか~^^

格納庫にはかっこいい水上飛行機が~♪
s-DPP_32830.jpg

こちらの水上飛行機はBELLA BELLA行きかな♪
s-DPP_32829.jpg

敷地内をウロウロしていたら、到着した日に乗ったタクシーの運転手さんに会いました。
遠くから「Hi!!! See you again!!!」って手を振ってくれました。
(*´∇`*)

ターミナル内にあったジェリービーンズやM&Mの販売機。
s-IMG_6169.jpg
品物が出てくるところにメープルリーフが♪
見るものすべてが素敵に見える!
カナダ マジックヽ(=´▽`=)ノ ←あほぉ

s-DPP_28874.jpg

s-DPP_28890.jpg
帰りもSAAB340でしたが行きとは違う機体でした。
椅子がこちらの方が立派だった♪
Vancouverまでのフライトは1時間ほど。
小さな機体ですが、怖さは全く感じず。
かえって大きな飛行機よりも快適でした。そんなに高度をあげないからかなー?

いよいよ、この美しいジョンストン海峡とお別れ・・・。
s-DPP_28892.jpg

s-DPP_28891.jpg

s-DPP_28887.jpg

飛行機の機窓からこの美しい海岸線を眺めていたら。
(´;ェ;`)ウゥ
(´;ェ;`)(´;ェ;`)(´;ェ;`)ウゥ
悲しいでも、悔しいでもなく、何だかボロボロと涙が出てしまいました。
見たいのに・・・景色が見えませんー(´;ェ;`)
本当に涙もろくて困ります・・・。
とっても美しいTelegraph cove・・・。
旦那さんが、「また来ればいいでしょ。楽しかったね」って。
うん(´;ェ;`) 絶対に絶対にまた来る!!


1時間のフライト中、キャビンアテンダントさんからジュースのサービスやスナックやキャンディのサービスがあります。
カタコト英語でもちゃんと通じて無事にゲット♪
s-DPP_28889.jpg


Vancouverが近づいて旋回飛行で高度を下げていったとき、それまでとても安定していた機体がふわふわ~っと揺れました。
同じくVancouver国際空港の国際線ターミナルに降りようとして並走していたコリアンエアのジャンボがふわふわしてる。
窓の外を見ながら 「風・・・強いなぁ」って旦那さん。
悪い予感は的中して・・・ Stevestonからのオルカウォッチングは強風のための海況不良で中止となってしまいました。
ツイていないときは、とことんツイていない・・・。

ということで、Vancouver市内へと移動して自由行動になりました(*´∇`*)ノ


(しつこくカナダ旅行続きます)

2013 カナダ旅行 その7

カナダでお世話になったホエールウォッチングの会社『Stubbs Island Whale Watching』は、ここジョンストン海峡で1980年からホエールウォッチングをしている老舗です。
ブリティッシュ・コロンビア州で初めてのホエールウォッチング会社でもあります。
s-DPP_28842.jpg

世界各国からこの海域のホエールウォッチングにたくさんの人が訪れます。
今回の旅行では2日間しか乗れなかったこともあり、シャチに会えなかったのは本当に残念でしたけど・・・ 「また来なさい」って自然の神さまが言ってくれたのかなと思っています。
また必ず、ここに戻るんだ♪

s-DPP_28858.jpg
Stubbs Island Whale Watchingの奥にはホエールミュージアムがありました。

s-DPP_30276.jpg
オスの背びれのオブジェ♪
155センチの私は背伸びしたんだけど、顔が全部出ませんでした^^
これ持って帰ってきたかった~♪(笑)


s-DPP_29943.jpg
KING♪

s-IMG_2279.jpg
ホエールウォッチングの前にはこのような説明も配られます。

s-IMG_2278.jpg
この海域で見られるものはどんな動物なのかが解ります。

s-DPP_29946.jpg
キャビンの中にも、ブリティッシュ・コロンビア州で目撃出来る鯨類の図が。
一番上はシャチ(Orca/Killer Whale)
中段左からイシイルカ(Dall's Porpoise)、ネズミイルカ(Harbour Porpoise)、カマイルカ(Pacific White-sided Dolphin)
下段左からコククジラ(Gray Whale)、ミンククジラ(Minke Whale)、ザトウクジラ(Humpback Whale)です。


s-DPP_29939.jpg
ウォッチングの終盤になると、クルーでもあるナチュラリストの方がその日の航海で見られた動物をボードを使って説明してくれたり、ipodでシャチのコール(鳴き声)や、ザトウクジラのコールを聞かせてくれたり、その日の動物がどんな行動を取っていたかなど、丁寧な説明があります。

s-DPP_29940.jpg
そして気さくに質問に答えてくれたり、質問に沿ったより深い説明をしてくれていました。
(英語が分かれば・・・私のバカ;)

s-DPP_29941.jpg
そしてこれは私も知りたかったことなのですが・・・
海洋ほ乳類の食物連鎖の頂点にいるシャチはどの動物よりもPCBと呼ばれる有毒物質をたくさん体に蓄積していることが知られています。
手前にある瓶の、右側からジョンストン海峡のレジデント(魚食の群れ)、ジョンストン海峡に来る北のトランジェント(肉食の群れ)、南のレジデント(魚食の群れ)、そして南のトランジェント(肉食の群れ)のPCB。
瓶が体全体だとすると、赤いものがPCBの割合です。
自然豊かでまだあまり開発の進んでいないジョンストン海峡でもこれだけの量。
南の、バンクーバーやビクトリア、シアトルなど大都市近郊の海に住むコには、プラスティックバックなどのゴミ、洗剤などの生活排水や工業排水の中の有毒物質が溜まりやすく、捕食するもの(アザラシやイルカなど)の体内にある毒素も一緒に吸収してしまうのです。

ただ動物の可愛い仕草を見せたり追いかけるのではなく、環境について、シャチやクジラたちのこれからの生活についての説明がありました。

s-IMG_2245.jpg
これは私が所有しているジョンストン海峡のシャチたちの家系図。
シャチはメスが群れを率いる女系家族です。
メスは平均寿命が50歳以上、オスは30歳くらいとみられています。
メスが長生きするのは、子孫を残しているから。
つまり、メスは出産で結果的に毒素を子供に引き継ぐ(排出する)ことになりますが、オスは排出することが出来ずに長生きが出来ないのではないかと考えられています。

また、たまに質問をいただきますが、シャチは一夫一妻ではありません。
オスはお母さんやお姉さん、叔母さんなど女だらけの群れにいつもいます。
たま~に外に遊びに行って、朝帰りだったり、お泊まりだったりで、また群れに帰ってくる生活をしています。
群れの中で繁殖しないのは、一族の血が濃くならないようにしていると言われています。



s-DPP_30273.jpg
そんな説明を聞いたりしていると、あっという間。
私のジョンストン海峡でのシャチウォッチングは終わってしまいました・・・。


s-DPP_33382.jpg
本当にあっという間だったけど、自然いっぱいで楽しかった。


s-DPP_30281.jpg
毎日行ったリゾート内のショップ。
お店に入ったとき、「Hello!」の挨拶や「Thenk you」と言ったら「You're welcome」と返してくれるのがとても心地よくて。
当たり前だと言われるとそうかもなのですが・・・表現の違いとはいえ、日本はすぐにありがとうを含んだ「すみません」を言いますよね。
でも英語圏は「どういたしまして」なのがいいな、素敵だなと思いました。
お店でも、ホエールウォッチングでも、タクシー内でも、英会話が上手ではないのですが伝えようとする気持ちを持っていたら、一生懸命聞いてくれました。
温かい国、温かい人たちだなと思いました。
カナダがいっぺんに大好きになりました!
しつこいけど、また絶対に絶対に行くんだ!(´;ェ;`)


s-DPP_29442.jpg
シャチグッズいっっぱーーーーーい買ってきたぞー\(^▽^)/


夕方散歩していたら。
s-DPP_33675.jpg
またミンクがチョロチョロしていました^^

沖には大きな客船。
s-DPP_30286.jpg
アラスカ航路かなー??

s-DPP_30294.jpg
カヤックツアーの会社の上にもシャチが^^

「ここにも!」「あそこにも!」の発見が楽しいTelegraph coveでした。



(もう少しカナダ旅行は続きます)
NEXT≫
*こんな人*

なおなお

Author:なおなお
ナキウサギや高山植物に会いに大雪山へ。
シャチやクジラたちに会いに海へ。
エゾモモンガや鳥たちに会いに森へ。
休日は大好きなもの達をいつも追いかけています。

コメントはどうぞお気軽に♪
コメントくださるととても励みになります♪

***********************

大切に撮った写真たちです。
当ブログに掲載されている写真・画像・イラストの無断複写、転用等の利用・使用はしないでください。

使用許可やご意見・ご要望は、下記メール

naonao.kisskiss@gmail.com

にご連絡ください。

***********************

*こよみ*
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
*最新記事*
*コメントありがとう*
*リンクありがとう*
*記事の種類*
*使用機材別*
*月別記事一覧*
*お問い合わせ*

名前:
メール:
件名:
本文:

*記事内検索*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。